きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HHG 女神の終焉(16)

(前回前書きより)
>「きみ騎士」が結構面白いのでまたサボリ病が発症しなければ次のレビューはそれになりそうです。
↑嘘だっっっ!!!
こんばんわ。
はい、サボリ病が発生しているゆーいちです。
いまだに積んだままのゲームの続編がボチボチ出そうなので
実は今週、ふと思い立ってそちらを(スキップ交えつつ)消化してました。
っていうか今月末の作品まだ予約してないんですが、
早期特典狙いで予約したと思い込んでいたサキガケを予約してなかったのは個人的にもやや予定外。
(まぁ最近は色紙もそんなに欲しくはなくなってきたんですけど)
そんなこんなでさくっと流した『放課後しっぽデイズ』ですが正直予想以上にヒロインズが可愛く意外に楽しめたので
さっさとやっておけばよかったなぁと少し後悔、そして実は迷ってたファンディスクも購入決定。
既に数店舗売り切れが出てきているので今日明日中には注文しないといけないのですが(汗)


世界を越えた再会
さて今日は『女神の終焉』における本当のラスト・メフィストルートの感想です。
光理の告白を断ると分岐するのですが実質は光理ルートの続きというか補足説明のような感じで
ストーリー的にはかなり短めで正直光理ルートとまとめようかなと思ったぐらいです。


二人の愛の共同作業(意味深)
暴走した女神のギフトを取り込んだメフィストと共に行く選択をした久司朗。
『悪魔図書館』にたどり着いた二人はメフィストの得た女神の力と久司朗の『光速思考』で
滅んでしまった世界を再生させることに。
これまで散々からかう立場だったメフィストが久司朗からキスされたり告白されたりして
あたふたしてしまうのは『HHG』同様やはりニヤニヤしてしまいますな。

決め台詞キタ━━(゚∀゚)━━!!!!
世界を再生させたのち、メフィストの『時空航行』で共に元の世界へ帰る久司朗たち。
しかしたどり着いた先には久司朗の姿はなく呆然とするメフィスト…ですが
別の世界へとはぐれてしまっていた久司朗と最後の最後で再会し、
『HHG』の始まりにして終わりである例の台詞「やぁ、初めましてお客人。あるいは、久しぶりかな?」が登場。
前作やってるゆーいちとしてはここでキタ━━(゚∀゚)━━!!!!となったんですが
やはり未プレイヤーにはこの演出はどうなんだろうなぁ、と。

光理ルートの続きなので感想としては女神戦以降の展開の物足りなさの印象が強いのですが
女神の力を取り込んで消えたメフィストと否定だけされて消えてしまった女神のフォローがされている点、
ラストで一応のハッピーエンドになっている点でこちらの方が後味が良かったですね。
『HHG』シリーズはさすがにこれで完結でしょうし描かれることはないのでしょうが
ういんどみるの他シリーズに久司朗が(直接登場しなくても)ちょくちょく出てくるのも面白いかも。
思った以上に長くなってしまいましたが次回はまとめ感想の予定です。


<おまけ>
零月の全裸立ち絵も見たかった…(いやサイズ的には撫子と同じなんだけどw)
女神さんデレる(?)の巻。
世界の狭間で久司朗とメフィストが出会った消え去る寸前の彼女ですが
コマとして利用していた久司朗に自分を拾ってくれたことを感謝されてびっくり。
贅沢を言わせてもらえるなら、女神には撫子じゃなくてオリジナルデザインを用意して欲しかったですね。
というか、零月の仮面なしバージョンでよかったんじゃ?

<おまけ2>
光理のフリを見抜かれるメフィスト
メフィストHキタ━━(゚∀゚)━━!!!!
光理と同ヴィジュアルであるものの久司朗の顔やらあれやらを挟んだりと、
特にオパーイを強調するCGが多かったような…ていうかイベントCGでは明らかにサイズアップ(*´д`*)ハァハァ
ゆーいち的にはおまけHよりも本編中のメフィスト専用コスでのHの方が好きですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

光理と同じビジュアルである以上、やっぱりメフィストにはメフィスト専用コスでのシーンが欲しい(見たい)よね。

この作品は前作をプレイしていなくても楽しめます

は、流石にどこ(ブランド)も同じ事を言うが、
どの作品、どこの作品でもやっぱり前作がある以上は前作プレイをしていた方が楽しめる前提である事は
もう仕方のない事よね…うん…

前作未プレイでもそれなりに楽しめますが

> 光理と同じビジュアルである以上、やっぱりメフィストにはメフィスト専用コスでのシーンが欲しい(見たい)よね。
むしろおまけHが光理の私服姿でちょっと拍子抜けした感じですw
メフィストにしてはおとなしかったかなぁという印象。


> どの作品、どこの作品でもやっぱり前作がある以上は前作プレイをしていた方が楽しめる前提である事は
> もう仕方のない事よね…うん…
まぁあえて言うなら女神戦まではセーフかな?とも思いますが
ルート縛りしたうえでのトゥルーエンドがアレだとさすがに未読には進めにくい感じ。
まぁその辺は改めてまとめで書くつもりですが。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。