きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HHG 女神の終焉(1)

こんばんわ。
再検診の結果最悪の結果は免れたものの別の軽い手術を受けることになりそうなゆーいちです。
うーん、お金とか健康とか以前に何回も(仕事を抜けて)病院に行くのがテラ面倒クサス…(´・ω・‘)


完全に見切り発車でレビュー開始!(汗)
さて最近は何もしない症候群にかかってしまいすっかり積みっぱなしのエロゲですが
今日から『HHG 女神の終焉(以下女神の終焉or今作)』の感想に行きたいと思います。
はい、さっき始めたばっかの行き当たりばったりプレイ日記です(汗)
10月購入分にするか、はたまた前作『Hyper→Highspeed→Genius(以下HHGor前作)』の感想でも書こうか
特にこの『女神の終焉』は前作をやってないと分からない、笑えないネタが多そうなんで
後者については本当に考えたんですがキャプ枚数が5000枚近くあったのと
再インストール&プレイしないと書けないと思ったので断念。
なので前作未プレイの人には一部分からない感想になってしまうかもしれませんがご容赦を…

今回体験版すらやってなかったので
今日は体験版範囲、プロローグあたりの感想でも。
せっかくなので体験版の感想方式、ヒロインの初見印象からいってみたいと思います。
ヒロイン多いから画像枚数がめっちゃなことになってるんだじぇぇひあぁぁぁぁ!


まさに大和撫子的ヒロイン
聖女候補・撫子
おっとり系担当でよく付き人の綾媛や久司朗にからかわれては赤面してるものの芯は強く
将来『聖女』として(ある意味で不自由な)生きる覚悟を決め学生生活を楽しもうとしている少女。
メインの3人の中では比較的普通に久司朗に好意を示しており裏表がないのがいいですね。
ギフトは聖女にふさわしく強力な『時間停止(クロノアルター)』。
公式の情報だけで具体的なことは分からないのですが、
前作『HHG』で久司朗が偽っていた能力という所になにかしら関連めいたものを感じますね。

聖女様の格言フランクすぎるだろww
腹グロ聖騎士・フィアナ
久司朗への好意を明確に示し隙あらば既成事実を作ろうとするちみっ娘。
バナーを見て分かる通りデザインでは一番気に入っていたのですが
本編をプレイしてみると久司朗が感じたものと同じく『常に笑顔なので何を考えているか分からない』怖さが(^^;
ギフトは『天恵技巧(デッドコピー)』。
コピー能力ですが『デッド』とついているように同等か劣化しかできない感じですね。
ただギフト以外の武術などもコピーできるよう鍛錬しているので
コピーキャラによくある慢心などはなさそうな印象です。

なぜ彼女に3つも(それも聖女級の)ギフトが?
自他ともに認める天才少女・サリー
『論理回路(ロジカルダッシュ)』『修正天使(アップデイト)』『鋼鉄乙女(アイアンメイデン)』という
『HHG』のメインヒロイン3人と同じギフトを持ち、久司朗の記憶を揺さぶる少女。
メイン3人の中では久司朗への異性としての意識は低めで、友人兼研究対象として興味を持っている感じですね。
『HHG』のヒロインが好きだったゆーいち的には彼女らのギフト(というか出番)が獲られたような印象を受け
最初はあまりお気に入りではなかったのですが…おっぱいエロいですこの娘←そこかいww

イマイチ読みにくい娘ですね
撫子の護衛・綾媛
ぽややんとしていて無表情ですが隙あらば撫子にセクハラをかまして遊ぼうとする娘。ぉい護衛(笑)
そういうボケボケ娘を演じながら(いやあながち演技でもないんですけどね)
常に撫子に気を配ってる有能さも所持。
ギフトはギフト能力を反射する『明鏡止水(ミラーシェイド)』。
ただゆーいちの記憶にある物や今作を見る限りイマイチ使いどころがなさそうですね…
前作のサードアイと違って自動で発動するわけでもないですし。

正直この娘の攻略ってのが想像できない(´・ω・‘)
フィアナの妹・エルアリア
ヤバイ。この娘はヤバイ。なんでこいつが攻略対象ヒロインなんだよってぐらいヤバイ(汗)
守護者(ジーニアス)への殺害願望を持ち、
「初めてのさ・つ・じ・ん(はぁと)」対象候補として久司朗に目をつける模様。
ギフトの『堕天神眼 (エンジェルダスト)』は目があった相手の思考を自身の思考に重ねるという
読んだだけではいまいち分かりにくいのですが、思考が武器の久司朗の天敵となる…か?

なんという次回も負けるフラグ
自称サリーのライバル・オフィーリア
『HHG』のパティからランカスター姓だけでなくちょろ要素まで受け継いだお笑い担当←ひでぇw
サリーに勝負を挑んでは自爆したりいいくるめられたりといわゆるアホの娘なんですが
天才という壁に物怖じしせず接触してくるオフィーリアのことをなんだかんだでサリーも気に入ってる様子?
能力は幻術による変身『無貌百相 (ワン・リミテッド)』(進化の可能性もあり?)
戦闘能力は皆無に近そうですが久司朗が悪だくみに好んで使いそうな感じがしますね。

衣装の露出もパワーアップ!←そこかいw
前作からの唯一の(?)引き継ぎヒロイン、メフィストキタ━━(゚∀゚)━━!!!!
愛する久司朗を追って次元を超えてきた(←適当)永遠のパートナー。
今作では妹・光理の体を共有しており、日常でも非日常でも本当の久司朗を知る唯一のヒロインとしてサポートしてくれそう。
とはいえ意外と抜けてる久司朗をしょっちゅう(主に性的な意味で)からかったり黒歴史をえぐったり、
精神的ダメージを受けるという意味では天敵かも(笑)
能力は前作同様、全てのギフトの情報を得ることのできる『悪魔図書館(ウィッチ・ライブラリー)』。
情報を活かす久司朗の能力との相性ばっちりですね。

完全にブラコンですね(だがそこがいい)
久司朗の本当の妹・光理キタ━━(゚∀゚)━━!!!!
前作では開幕時点ですでにメフィストにポジションを奪われていた幻のヒロインがついに登場。
ごめん正直劣化メフィストとか思ってたです光理ちゃんカワイイヨ光理ちゃん(*´д`*)ハァハァ
この世界ではちゃんと妹として存在しており、頼もしくも(中二的意味で)困った兄を敬愛しています。
久司朗の方針で出来るだけ危険から遠ざけられているのですが、やはり気になるのは覚醒していない彼女のギフト。
トゥルー辺りでは意外とラスボスになりうる…かも?

れ、零月の正体は誰なんだー(棒)
プロローグ開始後いきなり記憶喪失になっている主人公・明智久司朗。
守護者が優遇されているこの世界のことを教えてもらいながらも平穏な生活を送ろうとしていたところに
謎の女・零月があらわれ久司朗を『世界を破壊する者』と呼び命を狙ってきます。
ギリギリの攻防の中で本来の性格と技能『高速思考(ハイパーハイスピード)』を取り戻し危機を切り抜ける久司朗。
守護者のみが優遇されているこの世界を壊すために撫子・フィアナ・サリーのいずれかを籠絡して
世界を変えようと動き出すところでプロローグは終了です。あれー、どっかで見たような展開だ―(棒)

『前作をやっていなくても楽しめる』と謳われてますが
少なくともここまでの範囲では前作をやっていた方が圧倒的に楽しめますね。
久司朗が「この俺がそんな慢心によるミスをするはずがない!(キリッ)」と言ってたり
ヒロイン籠絡計画を聞いたメフィストが「またかー(呆れ)」みたいな反応を示すシーンなど
クスリとできるネタには総じて前作の知識が必要なのが…
メインシナリオに関わってきそうな部分でも例えばサリーのギフトなどいろいろありそうですね。
どこかで保管されるとは思いますが、初見にはやはりおすすめにくいかも。
まぁこのあたりはまとめ感想で触れるとして次回は弥生学園ルートの共通パートあたりの感想予定です。


<おまけ>
上記のように解説も出るので狙ったヒロインに行くのは難しくないかと
ハイパーハイスピードキタ━━(゚∀゚)━━!!!!
前作同様、選択肢などで時が止まった演出と共に流れる懐かしBGM。思わずポーズとっちまうぜ!(笑)
共通は短くこの最初の選択肢ですぐにどの学園ルートか決まり
そこからさらにメイン・サブヒロインへと分岐するようです。

<おまけ2>
画像右が前作ラスボス・聖女アナ
個人的にプロローグで一番ゾクっと来たのが、ここ。
確かに名前は似てるなと思ったけど、ホントに聖女アナなんだろうか…
まぁ予想としては平行世界の同一人物とも考えられますが。
久司朗への好意とか笑顔で本心を隠しているあたりとか、該当が多すぎるうわああああ(怖)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手術とな……まあ簡単な手術との事で、大丈夫でしょう(フラグ)

この作品、ゆーいちさんの話を聞いているだけでも面白そうじゃ……w
なんだかプレイしてきたくなって……だがしかし、
ゆーいちさんの言うように絶対に前作をプレイしないと
楽しめないように思うのも事実で、まずは前作からかな……
今回の話だけで面白いと感じたのでこの作品は絶対に楽しめそう……

いろいろと

> 手術とな……まあ簡単な手術との事で、大丈夫でしょう(フラグ)
ゆーいちも最初ビビったのですがWEB検索してみると
技術の進歩により即日帰宅できるほどに簡単になっているようです。
まぁ月曜に専門の医師から説明聞いてから決めますけどね。

> この作品、ゆーいちさんの話を聞いているだけでも面白そうじゃ……w
> なんだかプレイしてきたくなって……だがしかし、
> ゆーいちさんの言うように絶対に前作をプレイしないと
> 楽しめないように思うのも事実で、まずは前作からかな……
> 今回の話だけで面白いと感じたのでこの作品は絶対に楽しめそう……
FDや続編にしては随分間が空いてしまった例になると思うんですが
ここかしこに前作やってるとニヤリ部分が多くてメインシナリオよりそこが楽しい感じですね。
(まだ序盤なので世界の根幹とかそういうとこまで行ってない)
メフィストと光理、そしてトゥルーにはおそらくロックがかかっていると思うので
各学院ルートからやるつもりなのですが、メインとサブどっちを先にするか(悩)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。