きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chaos Labyrinth -ケイオスラビリンス-(7)

こんばんわ。
寒くて布団から出たくない日が続くゆーいちです。
早くあったかくなってこないかなぁ…
まぁ暖かくなったらなったで春眠なんとやらになりそうですがw


メインヒロインの貫録
さて今日は『ケイオスラビリンス』まとめ感想です。
でぼの巣どころかエゴ時代を通しても類を見ないほどのヒロイン数(そしてHシーン数w)につい目が行きがちですが
ゆーいちはむしろダンジョンのギミックが面白かったかなぁ。


<お気に入りヒロイン>
怪力少女シャノンちゃんprpr(*´д`*)
ヒロイン全員にランクをつけるのは超メンドイのでお気に入りだけ。
これまでの記事で各ステージお気に入りキャラを書いてきましたが
シャノン、ミレーネ、瑞姫、セラフィナ、リファーナあたりがお気に入り。
特に上位3人は魔物娘ビジュアル公開→人間ビジュアル紹介→本編プレイのたびに萌え度が上がっていった感じですね。
珍しく苦手なタイプを上げてみるとティナ、ナハト、エレナあたりかな。
まぁエレナはエンディングで結構好印象だったけどw

<CG>
通常イベントCG少ねぇ(泣)
まずは山本先生お疲れ様です。いやはやヒロインが多いだけでなくHシーン各3枚に回想までとわ…
(もちろんCG班の負担も大きかったと思いますが)
これまで神楽などで『人間のヒロインが怪物に襲われる』シーンは見てきましたが
今回はその逆、ヒロインが魔物娘と言うことで新鮮な感じのCGが多かったので面白かったと思いますね。
また、数キャラ別原画さんのキャラが居ますが以前よりも違和感がなかったので
今後も研鑽してもらって山本先生と作画負担が分担できれば…と思いました。
(ブランドの顔である以上、山本原画がゼロの作品は出せないでしょうが)

<シナリオ>
前回の感想で書いた通り、実質のストーリーはものすごく短いので評価が難しい所ですが…
発売前から制作サイドにすら言われてましたが、善良なツラして女を食いまくる主人公テラヒドスww
Hしたのは今回の事件を通してですが、回想シーンだけ見てもフラグ立てまくりでなんだかなぁ…
しかも恋人を救いたいという理由があるとはいえ、正気の状態で禁術に手を染めるような奴で
でぼの巣の伝統的には思い切りラスボスポジションなんですけどww
ミリアとの関係がさらっと流されてるのでクリスが暴走した理由が納得しにくいんですよねぇ
…かといってそこを掘り下げすぎるのも(^^;
Hシーン1回目で性欲に狂った感じでヒロインを乱暴に扱っているのも、
実はウォーロックの方が本性なんじゃ?と思ってしまいますね。
あとこれも前に書きましたが、回想でクリスが無愛想だったりおせっかいだったり、純情かと思えばエッチな目でみたり、
キャラ付がバラバラなのがちょっと引っかかりました。
時期により多少の変化はあると思いますが、もうちょっと主人公には芯を通してほしかったと思います。
…なんかクリスへの愚痴ばっかになっちゃったな(^^;

<サウンド>
ゆいにゃん(*´д`*)ハァハァ…ってそれはゲームの感想じゃねェ!
まぁ今回お気に入りヒロイン的にはむしろ藤崎さんゲフンゴフン。
記憶喪失の主人公が謎に包まれた城を巡る、という設定なので
明るい曲ではなく重厚なあるいは物悲しい印象のBGMが多め。
魔物娘は何人か兼ねている人も居ましたがそれなりにバリエーション豊富で楽しかったですな。
そしてそれゆえにヒロイン同士の掛け合いが皆無なのが悲しい…

<システム>
このゲーム最大の評価ポイント。
何度も言っている通りダンジョンの仕掛けがこってあり難易度も適度なので
順を追って進めて行く感じが楽しい楽しいw
反面、いわゆる雑魚敵が存在しないためレベル上げや通路の移動で
同じ魔物娘と何度も戦うことになり、一撃でおとせるようになってからは完全な作業になってしまうマイナス面も。
仮にHシーンの無い雑魚を入れると今度は欲しいスキル持ちヒロインが来なかったり
捕獲のためにスキルセットしてたら雑魚で消費、とかなるんでやっぱ無い方がいいか。うーむ。

<総評>
でぼの巣史上最悪の主人公爆誕!←ぉい(^^;
…いやまぁただのヘタレだった真に比べてシステムの犠牲者と言えなくもないんですが(^^;
ゆーいち自身が『ストーリーの開始前から正妻が居る設定なのに他ヒロインを攻略する』主人公が嫌いで
基本的にそういうゲームは回避するタイプなので(どうしても浮気に見えて感情移入できない)、
とかく主人公・クリスに対する評価は低いです。
とは言えプレイ時間の大半を占めるダンジョンパートのギミックが楽しく、思ったより楽しめたのは評価したい所。
次回はメンアットワーク的な設定でダンジョン部分に活かして欲しい所ですね。


<おまけ>
うぉーい水着イベントだけでも彩色してくれえぇっ!w
エンディングムービーで流れる後日談でのクリスの贖罪(?)
これまで交流が書かれなかったヒロイン同士の掛け合いが垣間見れるという意味でも本編よりお気に入り。
ていうか今回、モノクロCGに好きなシーンが多かったなぁ…全部彩色してたら発売が3か月は遅れてたろうけどw
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。