きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この大空に、翼をひろげて(11)

こんばんわ。
ズボンのサイズがとどまる所を知らず大きくなっていくのが悩みなゆーいちです。
『ケイオス・ラビリンス』『恋剣乙女』のOPデモが来ましたね。
カッコいいOPに購買欲がそそられるのですがこうしてみるとどっちもキャラが多いなぁ…
Hシーンが全キャラ確定の『ケイラビ』、ライバルキャラにも個性の強い『恋剣』、
どちらもキャラごとに1枚描いただけで相当数のCGになり、
日常あるいは微エロイベントCGに回す余裕はなさそうなのがちょっと残念。
あとキャラが多いと密度が薄くなる危険が高いしなぁ…
しかし、どっちの曲も事前情報なしにワンフレーズだけで歌手や作曲が分かるほど特徴がありますなw


この大空に、翼をひろげて――。
さて本日は『この大空に、翼をひろげて』天音ルート後半の感想です。
碧たちを空へと導いた天音、その彼女をさらに導いた少女・イスカの秘密がいろいろと明らかになり、
なんとなくですがモーニンググローリー制覇がオマケになってしまった感(笑)


飛岡の懺悔
ソアリング部の活動を止めるべく、ついに暴走を始める飛岡。
生徒が懸命に作ったグライダーは壊せず、ウインチを破壊するくだりは
「あぁ、彼も迷ってるんだ」と思わせるいい演出だったと思います(もちろん許される行動ではありませんが)。
寸前で碧たちに止められ我に返った飛岡から、隠ぺいされてきたイスカの事故が語られます。
天音と出会ってしまったことでイスカは無茶をする手段を得てしまい、そして事故に遭ってしまった。
事故を止められなかった飛岡の後悔はいつ間にか天音への逆恨みに近い感情になってしまい、
元々の「生徒を事故に遭わせたくない」という目的が薄れてしまってたんですな…(´・ω・‘)

天音、フ○ースの暗黒面に堕ちるの巻
『本当はモーニンググローリーを飛べるなんて信じてなかった』
飛岡が隠していたイスカからの手紙に書かれていた衝撃の言葉に打ちのめされ、光を失う天音。
イスカの夢が天音を学園にしばりつけ、天音が研究者としての道を後回しにした事が逆にイスカを夢にしばりつけた。
今度は自分ががイスカと飛岡を苦しめたと思ってしまった天音がグライダーを破壊しようとまで思い詰めてしまうのですが
タツヤからイスカが去年の自分たちの挑戦を見ていたこと、
小鳥からイスカがノートを残していった事の意味を聞かされ気力を取り戻します。
「天音ちゃんにモーニンググローリーを見せたかった気持ちは嘘じゃなかったはずよ!」
やっべ小鳥さんカッコいいww

ムネは成長しなかったようd…げふんごふん
イスカに出会うまで、世界が灰色にしか見えていなかった天音。
そんな自分が感動など出来るのか、というもう一つの恐怖が彼女を縛っていたわけですが
モーニンググローリーの凄さは彼女の心配を一瞬で吹っ飛ばしてしまいます。
さらにあげはの指示で通るように指示された橋の上には、タツヤに連れてこられた成長したイスカの姿が。
「ありがとう、天音。約束を信じてくれて」
ずっと止まっていた二人の夢がかなってめでたしめでたし。文句なしのハッピーエンドでしたね。
天音とイスカの関係がメインになってしまい、シナリオ的に碧がちょっと地味だったかな?とは思いますが(^^;l

ちょっと間が空くかもしれませんが、次回はまとめ感想予定です。


<おまけ>
天音ちゃんハマりすぎw
ネットでHの勉強に励む天音(笑)
「(エロイことは)俺が教えますから!」と言われて想像してアヘ顔になったり
「碧くんにだけインランだ♪」とか言ったり、なんだろうエロいのに可愛い。エロ可愛い(大事なことなので略)。
このい学習経験がこの後のHで活かされたんだろうかw

<おまけ2>
…イメ○ラ?←禁句
エンディング後の最後のHシーンはまさかの制服。
すっかりエロ娘と覚醒した天音ですが碧の予想以上の食いつきにはさすがにちょっと引いてたww
そういや天音って数年留年しているから、他ヒロインより一回りは年上なんですよね…

<おまけ3>
ところでぶっかけってセーフなんですかね? いやこれケフィアですけどね(真顔)
特典パッチ追加H天音バージョンは、浴衣プレイ。
うーむなんだろう、こと追加Hに限っては4人の中で一番うれしくなかったぞ(^^;
きっとその前の花火大会でのシーンが碧の説明だけで終わってしまって即Hだったせいかなぁ。
この追加エピソードの「先生やだよぅ」と駄々をこねる天音や、
同じくデートしてたはずのイスカとタツヤのからみをもっと見てみたかった気がします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バb・・・ゲフンゲフンッ 天音ちゃんもこうして見ると凄く可愛いね。
でもこの作品、天音ちゃんの障害は小鳥ちゃんがあまりにも可愛過ぎた事かな(ドヤァ…と、小鳥ちゃんが申しておりm…)

恋剣乙女は絵が可愛いよね。でもやっぱりキャラが多い・・・w
サブがキャラ立ってそうなのはイイんだけど、そうなるとメインが食われる可能性が・・・。

この大空に翼を広げてのファンディスク楽しみやね。また小鳥ちゃんの可愛い姿を見られると思うと・・・
ヒャー!!!たm・・・        イスカちゃんが攻略可能だったりするなら攻略するのは達也???
いや、碧がイスカちゃんを寝取る展開で、どうぞ(ゲスの極み)

天才なのにアホの子的かわいさというか

> バb・・・ゲフンゲフンッ 天音ちゃんもこうして見ると凄く可愛いね。
> でもこの作品、天音ちゃんの障害は小鳥ちゃんがあまりにも可愛過ぎた事かな(ドヤァ…と、小鳥ちゃんが申しておりm…)
まぁ私的感情を抜きにすると小鳥可愛いよ小鳥なので人気投票の順位には納得しているのですよ。
FDでなんとなく(Hシーン以外)ハブられそうな予感がしてますが…
内容がイスカ&あんちゃんメインになりそーやし←それはそれであり


> 恋剣乙女は絵が可愛いよね。でもやっぱりキャラが多い・・・w
> サブがキャラ立ってそうなのはイイんだけど、そうなるとメインが食われる可能性が・・・。
なんか能力もサブキャラの方が強そうだしw
攻略ヒロインのは茜だけじゃなく最大火力特化というか、こういう学内模擬戦では不利みたいな。
(そしてシナリオがその学内戦だけでほぼ終わってしまいそうな予感)
あとぼちぼち主人公のスペックも欲しいところですなー

> この大空に翼を広げてのファンディスク楽しみやね。また小鳥ちゃんの可愛い姿を見られると思うと・・・
> ヒャー!!!たm・・・        イスカちゃんが攻略可能だったりするなら攻略するのは達也???
> いや、碧がイスカちゃんを寝取る展開で、どうぞ(ゲスの極み)
ポニテ佳奈子さんの破壊力がぱねぇ!
そして小鳥ちゃんは言うまでもなし。
ライターのツイート見る限り結構力入れてるみたいなんで
基本的にはH強化であることの多いFDとしては久々にシナリオにも期待してます。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。