きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅神楽(26)

こんばんわ!
ドラクロックの時刻読み上げ機能が楽しくて
PCにつなぎっぱなし(USBで充電)のゆーいちです。
さすがに1分単位はうっとうしいんで、何かの作業中に時間経過を教えてもらうには10~15分ごとがベストかなぁ。
ということで現在バニーエリナに時間を教えてもらいながらブログ記事書いてます。
「ただいまの時刻は、午後10時45分だよぉ♪」…癒されるわぁ(*´д`*)


さらばイケメン
さて今日はいよいよ『紅神楽』感想も実質の最後、勇ルート最終章の感想です。
護ルートと違い(前章の巫女などのトラブルなどあったものの)
比較的素直に紅検校&青行燈と戦うことになるこの章。
戦闘パートも祈&向日葵ルートとほぼかぶっているので実は意外にキャプ画像少なかったり。


妖怪用(?)の見た目凶悪なものや呪われた武器もあるそうな
迅房城に拠点を移し、紅検校との決戦に備える石動たち。
倉庫から勇もびっくりするほどの早さで巫女二人のパワーアップ用武器を持ってくる石動さんすげー。
というかなんで妖怪の倉庫にそんなに協力な巫女用の武器があったんだろか?
あ、ちなみに今さら城の名前についてですが「はやぶさじょう」です。
いやタイピングの時はメンドいんで「じんぼうじょう」って打ってますけどね(^^;

一見押してるようで、実は相性悪いユニットだらけ(^^;
前章の思いあがった巫女たちに露払いさせ(笑)、紅検校に挑む石動たち。
ということで最終戦ですが祈&向日葵ルートと同じでしたね。
ただし向日葵が居ない分一人少ないので初回プレイにしなくて正解だったかも…
なお、その時の反省を活かし今回は画像のように青行燈をかなり手前に引っ張り出したのでラクでしたね。
ちなみにこれまでのルート同様、敗北すると勇メインの青行燈による凌辱シーンが。

ペット扱いされそうだなぁw
自身の命を犠牲にして青行燈に力を与える紅検校。
既に疲労困憊の石動たちですが、こちらも同様に勇の刀に石動の生命力をありったけ注ぎ込むことで
青行燈と紅検校に止めを刺すことに成功するのですが、石動も力尽き…
はせずに、再び漬物石を経てエンディングではなんとミニサイズに。これは想定外ww
力が回復するまで当面はこのまま、二人の珍道中が続く…という〆になります。

終わってみればエンディングで全部持っていかれたような。
護や祈&向日葵の時のようにベタラブにはならないだろうと思ってはいましたが
物理的にできなくなるとは…主にHの意味で←ぉいww
まさかホントに30近く続くとは思いませんでしたが、『紅神楽』の感想も次で最後。
毎回何を書くか悩む「まとめ感想」ですが今回はこれまで細かく書きすぎて(?)さらにネタに困りそうな予感(^^;


<おまけ>
護のおっぱい浮いてるやん…w
勇&護の露天風呂キタ━━(゚∀゚)━━!!!!
ちっぱい組と違い乳首までくっきりおいしいです(*´д`*)ハァハァ
キャプ画像の中から目が開いている物を選んだのですが、差分の
「石動との仲を指摘されて羞恥のあまりお湯に沈んでしまう勇」の図が可愛くてお気に入りです。

<おまけ2>
実は両CGともトリミングしなくてもセーフだったり(勇のボテ腹はグレーゾーン?)
すっかり忘れてましたがBADENDの中から妖怪出産ENDの感想を。
勇の場合、生まれた直後に母親を襲おうとした妖怪を石動が叩き殺すのですが
勇自身が覚悟を決めているので(少なくとも表向きは)動揺していませんし、
護の場合は生まれた子供を石動が迅房城に引き取ることで一応解決。
妖怪化の時同様、主人公が妖怪のためマイナス感はかなり薄めなので
BADらしさを期待してた人にはやや肩透かしかもしれませんが、「早春賦」よりは筋が通ってたと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺は普通にじんぼう城って読んでたぜ(笑)はやぶさなのね…w

守りたいこの( ^ω^)いい笑顔やでイケメン…抱いて///

こういうのも何だが、妖怪出産エンドとは言うが、石道の子産んでも妖怪出産エンドじゃね?(笑)
あ~!?冗談やで!や、やめ アッー┌(┌^o^)┐

何か由来があったはず。

> 俺は普通にじんぼう城って読んでたぜ(笑)はやぶさなのね…w
ゆーいちも石動が発言するたびに「あ、そうだっけ」という感じでしたよww
夏コミ販売の小冊子にいろいろ名前の由来みたいたのが書いてあった記憶が…

> 守りたいこの( ^ω^)いい笑顔やでイケメン…抱いて///
ホント、動機のショボささえなければいい悪役だったのに(^^;
前に書いたと思いますが、あくまでアレはきっかけで
本編での同期は青行燈への愛情に近い恩返しだと思いたいですけどね。

> こういうのも何だが、妖怪出産エンドとは言うが、石道の子産んでも妖怪出産エンドじゃね?(笑)
……(´゚д゚`)←目からウロコ
そ、その発想はなかった!(笑)
確かに、少なくとも護ENDは妖怪出産ENDですよなー…
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。