きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅神楽(4)

こんばんわ。
とうとう盆休みが終わってしまいましたね。
今年は実家に帰らなかった分、時間的にも金銭的にも余裕があったので
アレやらコレやら、特に更新関係の雑事が進むだろうと思ってたら全然そんなことはなかったゆーいちです。
結局、時間があればあるだけ寝てしまうのだうぼぁー(TT)
ちなみに今日は掃除の一環(?)として溜めこんだ牛乳など紙パックを延々切り開いて
リサイクルに出してきただけで力尽きましたw


街で起こる暴動事件
さて『紅神楽』も3章、今回は勇メインの章の感想です。
石動達のチームワークを乱すために、精神的に弱い勇を孤立させて叩こうと企む露草。
街に買い出しに出かけた時に偶然事件に出くわした勇と石動はその症状と、
盲目の情報屋・桐生の助言から次の敵が心を読む難敵・サトリであることを知るのですが…


はりついた襦袢がえろーすえろーす!(*´д`*)ハァハァ そして乳首(男の)
サトリの特性を鑑みるに、どう見ても狙われそうなのが勇。
滝で精神修行に励んだり、石動の罵倒に耐える特訓をしたりと対策を立てる勇。
悪意のない石動の軽いちょっかいにすら手が出てしまう弱点が簡単に克服できるはずもなく、
逆に溜まっていくストレスに悩む勇がアホ可愛い(*´д`*)ハァハァ
旧作のサトリがほとんど意志を見せない、機械的な印象だったのに対し
今作の(というかこの章のボスの)サトリは積極的に自分の妖力を悪用していくいやらしいキャラになっています。

属性相性の悪い相手に囲まれてるのでまずはそのカバーを
尊敬する両親を馬鹿にされ、怒りが頂点を振り切ったことで逆に冷静になった勇。
ということで(逃亡戦を除いて)初のボス戦となるわけですが、アレ・・・
冷静になったはずの勇が挑発されて孤立したままやん(汗)
2~3ターンは画面上部のサトリが動かないだけありがたいですがやはり1周目ではしんどいので
霊脈の上で回復しつつ壁用妖怪を召喚して石動たちが来るまで粘る必要が。
間違ってもおちみずさんの早期登場に舞い上がって突っ込ませたゆーいちのマネはダメですよ?ww
サトリは例によって読心を使ってきますがそこまで頻度も高くなく、また使ってきても2~3体で囲めば余裕です。
ただし側面&背面から殴られないよう、面倒でも行動終了後のユニットの向きはちゃんと調整のこと。

石動へのツッコミ(物理的)は今後も過激化?w
サトリの謀略を破った勇。
精神的にも成長し、石動との仲もぐっと縮まる…と思ったらそんなことは全然なかった件(爆笑)。
護がこぼした通り、まだまだ精神修行は必要なようですね。
さて次の4章は今度は護の話。一連の事件が勇たちが来るずっと前から伏線が張られていた匂いがしてきます。


<おまけ>
戦闘能力はない模様
情報屋・桐生。
イケメンすぎて怪しかった(笑)ので敵対する側(石動の存在を問題視する巫女本部とか)の人間かと
思ってたのですが普通に味方でちょっと拍子抜け。
途中でちょっと勇といい雰囲気になりかけるシーンもありますが、
彼女が好みと言うよりコイツが女性の扱いが上手いタラシに違いない、うん決めた。←何その僻み入った感想w

<おまけ2>
今回トリミングがほとんど意味ないCG多いな…(´・ω・‘)
回想ページの上から書いていくつもりだったんですが、ちと予定を変更して
今回のボスでもあったサトリのシーンの感想を。
触手&ふさふさ(くすぐり系)スキーの需要を満たしつつやはりメインは読心で、
一部に大好評な、心の奥底で気持ち良くなっていることを暴かれてしまう羞恥プレイは今回も健在。
ただ今回のサトリさんは例えば自分の子供が後で浄化されてしまうことを読み取って怒ってたり、
護のシーンに至っては求愛的な行動を見せていたりと妙に人間臭かった気がします。
エロ的にはやはり(ピー)内を毛でくすぐられてしまう表現がやはりエロイ(*´д`*)ハァハァ


~以下拍手レス~

>妻木さん
拍手コメントありがとうございます。
メルルプレイですが、1周目はそっち系のネタ見てばっかりでなかなか進まなかったですわ(笑)
かなり放置してて本当にこの連休中、やっと終わらせたのですが案の定、一番しょっぱいENDでした。
引継ぎ要素がとにかく少ないのが難点で、なかなか2周目に行けそうにないですね…
せめて倉庫の素材を引き継いでくれたら遠くまで採取に行く時間が他に回せるのに、と
ぬるげプレイヤーのゆーいちは思ってみたりorz

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サトリちゃんハァハァ…(それ違うキャラy

妖怪のプレイはバリエーション豊富で飽きないよね^^
ただ、デボスもきっとネタが切れてきたと思うの。
次回作では人間に犯されるプレイを…やっぱ趣旨が違うかなぁ…
妖怪に操られた人間が襲うプレイっていいと思ったんだけどね…(あれ、それって何処のzb

縛りがきびしい神楽シリーズ

> サトリちゃんハァハァ…(それ違うキャラy
実にいいようじぉである!←あってるのか?w

> ただ、デボスもきっとネタが切れてきたと思うの。
> 次回作では人間に犯されるプレイを…やっぱ趣旨が違うかなぁ…
趣旨というか、基本コンセプトにかかわる問題で使えないんですよね。
神楽のHシーンは凌辱モノとしてはかなり縛りがキツくてライター陣も統括も苦労しているとイベントで言ってました。
ただやはり同じモノばかりでは飽きるので例外的なアクセントとして
おちみずや今回新登場の経凛々などを入れているそうです。
擬似的ですが、コミケの外伝では人間(一応餓鬼ってことになってますが)による
コスプレ輪○シチュが入ってますね。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。