きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に奏でる僕らの詩(15)

『夏に奏でる僕らの詩』レビューもとうとう15回目。
ちょっとじっくりプレイしすぎたかな、とも思うので
今日は前フリなしでさっさとまとめ感想に行きたいと思います。
とはいえゲーム内容についてはほとんどこれまでのレビューで語っているので
その辺が知りたい人にはあまり役に立たない感想になると思いますが。

クリア後タイトル画面
クリア後のタイトル画面はこんな感じ。
ちょっとさみしかった初期タイトル画面に比べて一気ににぎやかに。
 
 
<お気に入りキャラ>
果歩>歌音>優佳>真夏>ほのか
ほぼプレイ前の順番どおりになりました。
属性だけで言うなら歌音がTOPに来るんですが
個別ルートに入る前の照れ隠しが(バレバレなのに)わざとらしすぎたのが個人的にマイナスポイント。
あえてはずしましたが、もしなるみさんを入れるなら優佳と真夏の間ぐらいになります。
今回はサブキャラにあまり魅力がない、というか嫌いなキャラがpurpleにしては多かったですね。
佐竹、歌音のマネージャー、大吾(初期)などなど…
特にマネージャーにボイス入れるぐらいならマリィに割り振ってほしかったですよホント。
仮にFDが出るとしたら優佳よりなるみさんとのHシーンが欲しいです。
正式な優佳ルートはあってもいいんですけど、女らしい優佳なんて優佳じゃなくなる気が(笑)

<シナリオ>
歌音ルート>真夏ルート>果歩ルート>ほのかルート>>>優佳ルート
タイトルとからんでいる、という時点で歌音ルートの評価がどうしてもあがってしまうのですが
マネージャーが予想外にでしゃばってこなかったのがありがたかったですね。
4、6、8、9話が各ヒロインを順番に軸に置いた話であることは既に書きましたが、
ヒロインルートに入ったときとそうでないときでのシナリオの読後感の差が激しすぎた気がします。
(最初に非攻略ルートで一気に読んだからかもしれませんが)
4、6話あたりのレビューは自分で読み返しても荒れてるなぁと思うのですが
主人公が活躍しない・サブキャラや展開が不快・(シナリオ的に)優佳依存度が高いとマイナス要素が多すぎ。
ほのかシナリオプレイ時から展開が変わることに気づいてやる気が復活しましたが、
そうでなければ次回から回避推奨ライターになっていたと思います。
あ、アンケのシナリオ評価は3か4ぐらいで(笑)←レビュー6回目参照

<CG>
背景がすごい。
purpleのお家芸がさらに強化されてます。
特に泳いでいるときは波のゆれだけではなく視点も動いたりとリアル並の感覚が味わえます。
(ここまで必要か?という気もしますが)
原画の月杜氏は確か初のピン(一人)だったと思うのですがやはりその分統一されている印象。
一部立ち絵がやや崩れているのがちょっと気になりましたが衣装やポーズのバリエーションが多いのが嬉しいですね。
特に十話以降はHシーンが3連続で入るので構図やシチュが大変だったろうと思います。
いろいろ変化をつけているのが分かっててなお飽きかけたほどですから…
あと、低評価している優佳ルートにも良いCGが沢山あるのでいい意味で回避推奨できないです(^^;

<サウンド>
purplesoftwareなので鉄板です。
ゆーいちはサントラはあまり聞かないのですが
このブランドだけはイベントで買って聞いているぐらいお気に入り。
秋色・あるとのBGMと違い、今回は一番好きな曲は?と聞かれたときに
『Hシーンのときの音楽』と答えなくていいので気楽です(笑)
ボイスについての不満はマリィの(以下略)程度ですが、
果歩の声が(キャラ設定上)やや聞きにくい部分もあるので人によっては
音量の個別調整が要るかな、と思いました。

<システム>
これでもかというほどに細かく設定できる機能がついています。
反面通常シーンでのセーブ・ロードなどのメニューボタンが小さくて目立たず、
位置を覚えるまでややクリックしづらかった印象です。
あと、前述のとおりせっかくバリエーション豊富なので立ち絵+背景鑑賞モードがほしかったところですね。

<総評>
背景とサウンドは神。
いつものpurple、と言えばそれまでなのですが。
シナリオは個別ルートではまだ良かったものの基本的にややこしい部分を優佳に丸投げしている印象が強く、
総合的に見て主人公が光りきれなかったなぁという感じで悪くもなく良くもなく、といった感じです。
主人公は基本的にぼんくら、と評価されていますが、
鈍感と言うよりもそもそも異性にたいする意識からして子供のままと言う印象で
そんな相手に『女心が分からない』と突っかかられてもむしろ理不尽な感じでした。
あと、わざわざ設定したにも関わらずファンタジー要素が真夏復活だけで終わってしまったのも残念ですね。
最後に個人的な不満として、微エロハプニングがほとんどなかったこと。
一枚絵がないのも残念ですが、せめて
脱衣所遭遇イベントには全裸立ち絵が欲しかった
と思います。←なんというまとめ方。



<おまけ>
シーン鑑賞モード
全ルートクリア後に歌音のHシーンが追加。
お約束のアイドルコスH(*´д`*)ハァハァ
遥のヘンタイっぷりに磨きがかかっています。
ちょっとした勝負で勝った褒美、なのですが
もし負けていたら↓の罰ゲームが。
『今日は暑いね。歌音愛してる』『いただきまーす。歌音愛してる』『優佳、チャンネルまわしてくれる? 歌音愛してる』
なんという羞恥プレイ(笑)
ちょっと見てみたかった気もしますけどね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。