きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創刻のアテリアル(30)

こんばー。
『この大空に、翼をひろげて』のキャストサイン色紙の応募締切が明日とツイッターで知り、
この後箱本体の発掘(←!?)作業に入る予定のゆーいちです。
うはは…とうとうまったくプレイできなかったぉ…←『DRACU-RIOT!』を同じパターンで応募し損ねた奴


初回と同じ画像だと思った? 残念バージョンが上がってるのだ!←だからなんだ
さて1回違うネタを挟んでからにしたかったのですが特に更新ネタが思いつかなかったので(笑)、
今日は『創刻のアテリアル』まとめ感想です。
レビューを始めたのがGW終盤、1か月どころか2か月かかった計算。
いつもならこれだけかかってれば次のレビューネタがぼちぼち出来ているはずなのですが…(汗)


<お気に入りキャラ>
シャネル鬼教官イベントは面白かったなぁ
お気に入りヒロインは
鳴海>沙夜音>メヒーシャ>杏里咲>シャネル>(鴉鳥>)美來>まどか>アカリの順に。
体験版以降のシナリオが大きく影響した感じですね(あかりんェ…)。
ヒロインサイドで「ここが嫌い!」というのは特になく、加算方式でこの順位になった感じです。
サブキャラではルファ様、シェヒラの二大女幹部がお気に入り。
人間ルートで現世に移住したこの二人の今後が気になる…w

<CG>
エウの伝統でもあるのですがとにかくキャラが多くヒロインあたりのCG枚数が制限される中、
そこそこのボリューム・クオリティを維持しているのはさすがですね。
キャラの多さに直結しているのですが1枚のCGに多数のキャラをからませたり、
Hシーンの構図がかぶらないようにするなど苦労してるなぁと(だが秀哉のケツはもう少し自重しるw)。
今回は覗きイベントや裸エプロンなど、ブランドにしてはあまり期待してない
微エロシチュCGが結構用意されていたのは嬉しい誤算でした。

<シナリオ>
どのルートも基本的にライバルグループの長がボスになり、それを倒して現世に戻るという王道なので読みやすいです。
そしておおまかなシナリオの流れに不満が少ない分、どうしても目立ってしまうのが秀哉のノーカンH…
主人公とあってねぇ。←マテブに続いてまたかよw
過去作のファンタジー世界観ならそういう倫理観でも納得できるのですが、
現代日本(風)の、それも真面目な秀才タイプのはずの主人公がちょっと誘われたらホイホイHに走るのにどうしても違和感が。
ヒロイン側の提案とはいえ簡単に「なかったこと」にしてしまうのも、基本の性格に合わない不義理を感じましたね。
早目にHシーンを入れたいなら初Hはアカリではなくリターナを持ってくるとか、
最初から主人公をエロ大好きキャラにしておくとか、いろいろ方法はあったと思うんですが。

<サウンド>
半分ぐらい戦闘で使われてた
BGMは安定の高クオリティ。
主題歌『brave genesis』を始めとしてテンションのあがる戦闘BGMが多数あり。
サントラがなくてもBGM鑑賞モードで作業用BGMとして使えるレベル(まれにテンションあがりすぎるw)。
お気に入りは『護るべきものの為に』ですかねー、八葉から仲間を守るシーンでかかったのが格好良くて。
キャストについてはメインどころにベテランや実力派をそろえているのでこれまた安定。
杏里咲あたりは若干違和感を感じたときもありましたが、ルートクリア時にはもうこれ以外ないなとw

<システム>
カードコンプ面倒すぎて挫折orz
基本的なUIは完備しているので割愛して、カードバトルについて。
新システムということで期待半分、不安半分だったのですが結果的にどっちも当り。
カードゲーム無知なゆーいちにはコストの概念だけが理解に時間がかかりましたが、
それが必要になる終盤あたりには大体把握できてますね。
総合的な難易度はやや緩めで
勝てないで詰む可能性が唯一ある「1周目ラスボス」にもヘタレスや回復アイテムなどの救済措置があるのは良。
反面、カードがそろってしまうと
ひたすら同じことを繰り返すだけのゲーム→ほぼ自動戦闘に→強制デッキで勝てないでイラッ(笑)
がパターン化してしまうという欠点も。
秀哉だけでなくユニットを増やす、魔法カードなどの手札からの戦闘手段を作るなどすれば
もっと面白かったかなと思いますが、デメリットも当然出てきますよね…
情報ページも海斗の小ネタなど非常に充実しており、収集癖をくすぐられるのがまた見事としか。

<総評>
シリーズ続編に期待。(プラス的な意味で)
今作でも十分面白く少なくとも予約して買うだけの価値はあったと言えるのですが、
設定が現代風・新戦闘システムなどブランド初の試みがあり
それゆえにちぐはぐだったり、妥協せざるを得なかったと思われる部分がいくつか目立った気がします。
とはいえ丁寧に作ろうとしている感が伝わってくるのは流石のエウ。
ユーザーの反応や自身の新しいアイデアで次回作はより面白いモノを出してくれることに期待ですね。
(まぁ余程不評だったら出ないんでしょうが…w)


<おまけ>
特にエロ系カードへのコメントが面白いです
上の方で少し触れましたが、『情報』で見ることが出来る海斗のコメントがいろいろネタ満載で面白いw
メインキャラだけでなく雑魚カードにまでイチイチ突っ込んでたり、よくもまぁここまで考えたなぁと思わされますね。
こういった遊び要素抜きでもこの情報ページには頻繁にお世話になりました。感謝。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。