きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽早春賦(5)

こんばんわー。
でぼの巣の新作『時を奏でる円舞曲』の特装版の注文締め切りが5月末までだったので
つい先ほど、23:59に某店に注文メールを出してきたゆーいちです。
(厳密には多少の余裕はあるでしょうが)
でぼの巣のADVということで正直不安しかないのですが
ツーヤたんに存分に(*´д`*)ハァハァできるとなれば特攻せざるを得ない。
しかし今回ヒロインが貧を通り越して無乳ばっかりで山本先生大丈夫なんですかね。
巨乳不足の禁断症状にならなければいいんですが(笑)
とゆーかですね、そこまで販促したいなら先に応援バナーをですね…(^^;


今作最強の技! いりょくは ぜつだい だ !
さて今日は予告どおり『神楽早春賦』まとめ感想です。
いかにでぼの巣信者といえど、今回はちょっと厳し目の評価をせざるを得ないかも(^^;
あと厳密には違うのですが設定などの継承上、
『神楽幻想譚』のファンディスクとして、比較気味の評価も入ると思います。
本編=幻想譚と思ってください。

<お気に入りキャラ>
奏>ロリ狂歌>晶>美里>桜姫
女性陣ではこんな順位ですかね。
元々奏専用ファンディスクと言ってもいい内容だけに奏、
次いで晶が高順位なのは当たり前ですがロリ狂歌がまさかの伏兵。

<シナリオ>
本編に比べてかなりボリューム減。
ミドルプライスなので仕方が無いと言えなくも無いですが、
3章で終わることからも分かるとおり事件の規模からしてすごく小さなものだったり、
実際に戦うのが奏だけだったり、何より主人公・真がシリーズ最悪のヘタレだったりで正直好評価はあげにくいところ。
ただ、敗北しないことによる初Hシーンが復活していたのは嬉しいですね。
ゆーいちも本編の感想で書きましたが、やはり要望が多かったのでしょうか。
あとこれは個人的に、ルート分岐がないために
どうしても奏・晶同時END、Hシーンも3(ピー)こそないもののそれに近い感じなのが残念。
この手のハーレム系ENDこそ、男側に納得できるだけの魅力がないといけないと思うんですが…

<CG>
アウトだらけ…w
なんてこった今回SDCGがない! ついでにモノクロCGすらない! ガッデム!w
というか、無修正で載せられるCG自体3枚しかないんですが(汗)
さて、いつもどおりとしかいいようが無い妖怪CGですが
幻想譚に続いて連続で見ているせいかちょっと飽きが入っちゃいましたね…
ただでさえアングルやシチュが被らざるを得ない作品なので絵師さんにはツライところなのですが
なおのこと新規妖怪を増やして欲しかった所です。
あと立ち絵について、メインの二人は描きおろされていましたがこれはいい感じですね。
プレイ時には意識してなかったんですが、本編の二人ガタイが良すぎですよ(^^;

<システム>
本編と同じです。てか、変えられても困るw
ルート分岐がないのでCG回収も非常に楽。
ちょっと面倒なのはやはり貴重品イベントによるCG回収ですかね。
あんまり巨大妖怪が出ないので捕獲に頼らざるを得ないのですが
相手のHPを1で止める『手加減』は必須、その他妖怪によっては対策をとらないといけないです。
まぁ、これは本編でも言えたことなんですが、あっちは貴重品一つにつき1イベントがあったので
モチベーションの維持力が半端なかったですわ(あと普通に本編やっている間に巨大妖怪からほとんど出た)。

<サウンド>
BGMについてはほぼ同じなので略(^^;
CVについては奏たんのエロボイス(*´д`*)ハァハァですかねーやっぱり。
あとはロリ狂歌とロリ美里さんの演技が素晴らしかったw
狂歌についてはダイスケに魂の欠片を渡すイベントで一瞬だけ過去バージョンに戻るの演じ分けがナイス。

<総評>
奏FANのためのファンディスク。
逆に言えば、『幻想譚』であまり奏に興味を持たなかった人にはオススメできず。
奏がヒロインだったり、初Hシーンが復活していたり、
ロリ化でちゃんとロリになっていたり(←そこ重要なんかいw)、
ゆーいちが『幻想譚』の感想でグダグダ言っていた要望がかなり叶っているので買って損した気分は全く無いのですが
初見の人にオススメするには主人公がちょっと残念すぎて。
今現在出ているでぼの神楽シリーズでオススメは?と言われるとやはり道中記というか完全版の神楽箱ですかねー。
それでも奏タンにクンクンペロペロしたいんで早春賦をやってみたい!という人には新品を強くオススメ。
登録による追加ダンジョンの強力アイテムが今回も優秀すぎなんですだば。


<おまけ>
狂歌発情中
狂歌にもまさかのHシーンが。
魂の欠片を回収し狂歌に与えていくと発情イベントが発生し、
ぬらりひょん+油すましという珍しい複数妖怪シチュが。
行為により力(とナイスバディw)を取り戻した狂歌が(性的な意味で)真に襲いかかろうとするシーンでは
すわBADENDかっ?と覚悟しましたがすぐに縮んでしまい恥ずかしがって逃げ出す姿にかなり萌え(*´д`*)ハァハァ
ちなみに複数妖怪シチュは桜姫にもありますが、こっちはガチで容赦なしでした(><)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。