きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のコミックアライブ

蒸し暑くなってきましたなー。
GWから晴→雨→晴と天気の明暗がはっきりしていて過ごしやすいですが
服装や冷房のONOFFがちょっと面倒な季節ですね。


月刊 comic alive (コミックアライブ) 2011年 06月号 [雑誌]月刊 comic alive (コミックアライブ) 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/04/27)
不明

商品詳細を見る

さて今日はコミックアライブ2011年6月号の感想を。
表紙は『まりあ†ほりっく』から久しぶりにメインヒロイン(?)の鞠也を中心に
新連載・コミックス発売作品をちらほらと。
その表紙で分かりますが今月も『IS』付録ポスターがエロいぜ兄貴!←誰?
メガミマガジンとか娘Typeに比べてかなりおとなしめなんですが
露出とエロスは必ずしも比例しないってことですなぁ。
そして巻頭特集にはISシャルのフィギュア原型が!
うぉーセシリアは、セシリアはまだかっ!?

『変態王子と笑わない猫。』
新連載&刊頭カラー。原作1巻が爆発的な売り上げらしいですが未読。
建前だけで生きてきた主人公と、感情を表に出しすぎるヒロイン。
それぞれ自分の嫌な部分を都市伝説の猫像の力で消してもらおうとお願いするのが今回の話。
二人のファーストコンタクトがひどすぎて面白かった。なんであそこまで間が悪いタイミングと言動が重なるのさ(笑)
ヒロインはともかく、主人公のお願いの仕方はちょっとマズイ。この現代社会で建前言えなかったら生きていけないぞ…
まぁそれでむっつりスケベからフルオープンスケベになり『変態王子』の烙印を押されるんでしょうな。
てっきり『はがない』系の日常モノだと思っていたのですが
発端も含めて結構ファンタジー要素も強そうで、それ関係のエロハプニングが多いなら嬉しいトコですな。

『まりあ†ほりっく』
本日はかなこの誕生日ですが、夏休みの宿題を完全放棄していたことがバレてボッシュート(笑)
相変わらずかなこの(宿題をしないことの正当化の)屁理屈がひどいですが、
なんでこんなに立派な家訓がある家からここまでダメ人間が生まれたのか不思議でならんw
おまけ漫画でアニメの宣伝がありましたが、かなこ自然消滅説がありそうすぎてフイタ。

『ささめきこと』
大学の見学に来たはずがぶっ倒れるまでガチ部活。純夏、マジメすぎるだろ…(笑)
汐の祖母はあくまで汐との同居を希望しているみたいだし、
純夏にはムコ養子候補が登場するし、なんだこの別れフラグの乱打。
まぁ個人的には別れてそれぞれ男と~という展開でもいいんだろうけど、
ずっと読んできたFANにはどーなんでしょな。

『僕は友達が少ない』
理科がフルオープン変態すぎるww 
さすがに『メカ×メカ』同人誌は理解できんわ(汗)
むしろ番外編のマリアが可愛かった件。うーん、星奈といいこの作品に限ってはアホの子がスマッシュヒットですなぁ。

『アイリス・ゼロ』
ハッタリかよ!!ww
実際の所透にも小雪にもそう簡単に他人のトラウマを癒すことなど出来ず、呪いはかかったまま。
いや確かに理屈は分かるんですが思わず全力でツッコんでしまったぜ(笑)
結局『アイリス狩り』の噂を流していたのは久賀ではなく時田。あくまで透の容疑は一時的なもので
最終的には『犯人は時田だ』という結論に持っていくことで久賀を護ろうとしていた模様。
透さんは解決までの手順を構築し終えたよーですが、どう持って行くのかイマイチ読めないな~。
聖のアイリスでは久賀の死蝶はもう全身覆い尽くすトコまで来ているし、むしろ悪化してる気がするんですが。

『俺たちに翼はない ‐フラグメンツ‐』
前半の厨ニ連中のケンカがページ使ってる割に全く意味ね~(--;
そしてボチボチ(ピー)と(ズキューン)と(スポポーン)が同○人○である伏線がチラホラと。←意味不明
てか、マスター知ってたのね…

『けんぷファー』
番外編は水琴魅惑の裸エプロン。
ていうか、なんでホワイトカレーなの?ww

『数学ガール』
冒頭でいきなりいい雰囲気になってるミルカと『僕』。
今回は皆で遊園地の話ですが前編で終わっているのでどうしてこーなったか気になりすぎるw
(まぁ非色気オチな気がしますが)

『のんのんびより』
芸術の秋ということで皆でデッサン。てかれんげ上手すぎだ。
抽象的に描きたい気持ちも分かるが、人間をモデルにするなら目は2個以下にしてやろうぜ?w

『断裁分離のクライムエッジ』
いかん不覚にも踊るエミリーかわえぇと思ってしまった…教授と同レベルじゃないか(^^;
エミリーが『死』を理解してないのでは? と考える切は彼女を挑発して戦闘に持ち込むために父親のお墓の供え物を足蹴に。
まさしく悪役ですがブチ切れのエミリーに一方的にズタズタにされちゃいます。
てか、目はマズイわー。『オープナー』の能力解除時に傷の消去とかオプションがついてこないと失明モノだろコレ…
彼女が告げた『グレイランドの伝説はまやかし』という説に戦意喪失しかける切ですが、
そんな彼の前の謎の人物(の幻)が。
次号、覚醒か?

『機巧少女は傷つかない』
気を失った雷真に罪をなすりつけ、夜々共々拘束させるリゼットさんパネェ。
そしてフェリクスの罠にはまりついに『魔術喰い』だと断定されてしまったシャル。
読者に与えられている情報をまとめてみてもシャルが犯人としか思えない描写をしているので
これは仕方が無いかなぁという気もしますが、フェリクスがどうも意図的に意地悪すぎる感じがして
もしかして真犯人を釣る罠かなと言う気もしないでもない…

『らのべのへん!』
いやせっかくのアンケなんだから批判意見もちゃんと渡そうぜw
『白詰草』の好評っぷりに早くも3巻のプロットを練ろうとするも、
肝心の蒼奈は2巻終了を考えてる模様でみすず大ピンチ(生活費的な意味で)。
まぁそれ以上にフィルとローズの不幸オチに納得が言ってない部分も多いみたいですが…
1巻重版のお祝いで編集長が海に連れて行ってくれることに。次号魅惑の水着回にワクワクがとまりませんなぁ。
これで執筆不調の蒼奈が気分転換できればいいのですが…

『IS<インフィニット・ストラトス>』
ちょろいさん2名(笑)
原作をちょこっと圧縮してシャル・ラウラ編を同時展開の模様。
といっても今月はラウラはちょっぴりでシャルメイン。
例の『スーツが引っかかる』のくだりはもうちょい派手なリアクションが欲しかったなぁ、アニメ版が良かっただけに。
そしてIS訓練授業でヒロインのみならず山田先生まで押し倒し&おっぱいガチ揉みしてしまい、
セシリアと鈴に殺されかかる一夏(笑)
次回は山田先生無双回ですな。

『あいえすっ!』
行き過ぎた教官LOVE♪
ちょっラウラが本編の100倍可愛いww。
まぁ今月は一夏にビンタしただけだしなぁ…

ゆーいちはいつも並盛り派!(牛丼的な意味で)
本編。魅惑のお風呂ネタでセクシーカット満載(*´д`*)ハァハァ。

ちっぱいも正義!(*´д`*)ハァハァ
鈴…生キロ(TT)

『朝まで授業chu!』
ミスコンのイメージポスターが全裸の女性って時点でこの学園風紀乱れすぎだ…あ、今更か(汗)
そして案の定優希も女装で出場。男はイランとゆーとろーに…

『しゅたいんず・げーと!』
資金難(主にオカリンの)を解消すべく同人誌製作を思い立つ一同。
この展開で実際の製本作業より参考書を入手すべく向かった同人ショップでのネタが多いのは珍しい気が。

『星刻の竜騎士(ドラグナー)』
どう見てもヤってます(違)
新連載でいきなり全裸率高っ!(笑)
人間と竜がコンビを組んで騎士となる世界で、
大きな『星刻』を持ちながらも未だに自身の相棒を誕生させられない主人公・アッシュ。
本来出来ないはずの『他人の竜を乗りこなせる』あたりに秘密があるんだろうか?
そしてツンデレ姫様とのプライドを賭けたレース中に帝国兵に襲われた上に、
戦闘中に起きた地割れに飲み込まれてしまうアッシュですが
ついに彼のドラゴン(というか全裸の美少女)が覚醒。
冒頭カラーの巨乳おねぇさまもだけど、
イメージ映像とは言えほぼ裸に近い格好でイチイチ騎○位に見える描写はやめれ(笑)
1話ということもありましたが書き込み度がかなり高かったですな~。

『コープスパーティー;娘』
購入直後にパラパラとアライブをめくったときにパンイチで誘惑してくる直美より
幼女の生尻で手が止まってしまったゆーいち割と末期(笑)。てか、まだ履いてなかったのか…
深雪がすっかり『犠牲者一同の霊』の中に入ってしまってて分かっていたけどやっぱりショック。
一方で別行動の二人はなぜか帰還。ここで事件の元凶の情報を得ることが解決につながるんでしょうかね?

『緋弾のアリア』
教務科の尋問専門教師こぇー。尋問っつーか洗脳の域じゃねぇかw
…と、そんな物騒な教師に白雪が呼ばれた理由は
超偵のみを狙う幻の組織『魔剣(デュランダル)』対策に護衛を雇えというお達し。
キンジを強引に引きこんで教務科に潜入していたアリアは渡りに船と言わんばかりに護衛を買って出るのですが
護衛を雇うだけでも面倒なのによりにもよって
泥棒猫の(※白雪主観)アリアと24時間一緒など白雪にとってはとんでもないわけで。
結局、妥協案(?)としてキンジも一緒に護衛に付くことに。
てかてめーキンジ何昇天してやがんだよ。
アリアはともかく白雪と24時間一緒なんてご褒美以外のなんでもないだろーが!(笑)

『緋弾のアリアちゃん』
バスタオル1枚で体重計に乗る白雪だけリアル頭身とは分かってやがるぜ(*´д`*)ハァハァ

『まよチキ!』
スバルとの恋人疑惑解消のためにマサムネと偽恋人を演じることになった近次郎。
一緒に学園祭を回る約束を反故にされて当然スバルはお冠。
とはいえ個人的メインはマサムネの水着試着イベント。
スク水に半裸に下着姿(そしてお約束の更衣室突入)と大変おいしいイベントでございました(*´д`*)ハァハァ

『まよマヨ!』
はだかうさみみコスプレのままで良かったのに…orz

『デイドリームネイション』
辞表じゃなくて舌辛表(カレーのレシピ的な何か)とか紛らわしすぎるわ!ww

『オトコを見せてよ倉田くん!』
いつの間にやらキスで相手の妖力を吸い取る体質になっていた優樹。
なんでも『百鬼夜行』という組織に知られると生きたまま解剖されるぐらい珍しいらしい。よし、今すぐ電話番号教えれ(笑)
そして一息つく間もなく百鬼夜行からの刺客(?)・兎月ありすが優樹を襲撃。はいはい3マタ目追加っと。

『神太刀女』
神太刀女を狙った双ツ神の襲撃にも、相変わらず最近の無名さんの役立たずっぷりが泣ける(TT)。
琢磨の危機に兄貴登場。本部の命令すら無視して動いている雪野を止められそうには見えないんですが、どうする気だ?

『聖剣の刀鍛冶』
二人きりのいい雰囲気に前回の舞踏を意識するも、ルークから提案されたのは剣の手合わせ。
急に不機嫌になったセシリーが分からず戸惑うルーク…罪な男よのぅ。
まぁなんだかんだで武芸者同士、手合わせを通していい雰囲気にはなってるのでそれはそれでニヤニヤ。
…と思ってたらまたまた謎の相手に気絶させられたセシリー。ホント、最近ついてないな(TT)

『ゼロのちゅかいま』
不思議なキノコでおっきくなったりちっさくなったり。
リアル頭身になってなぉキノコで偽造しなければ並サイズにならないルイズのおっぱい…(TT)

『未来少女エモモーション』
確かに、『娘』なのに23世紀人とか母親の顔を知らないとか矛盾多いな~。
縮小マシーンで縮むときは服ごとなのに元に戻るときだけ服破れて全裸っておかしくね?
てか、この手のネタはヒロインでやってくれw

『Re:BIRTH』
あくまで姉を悪だと決め付け、一方的になじる怜治の言葉はついに綾香の信念すら揺るがす羽目に。
最後まで味方で居ないといけない人間なのにとうとう姉を売り渡しちゃったよ…
マジでディスってくれないかなこの弟。
仮に綾香が本当にナチュラルボーン・サイコパスだったとしても
口だけ綺麗事さえずって自分を正当化する分コイツのが何倍もタチ悪いわ。
…なんか毎回こんな感想書いている気がするけど、ホントひどいんですよコイツ。
マトモなのは夏日だけか…

『えむえむっ!』
ようじぉパーティー爆誕!(+1)
幼女化キター!!(*´д`*)ハァハァ なんだ最近はフィーバーかっ?(笑)
待望の原作8.5巻ネタコミカライズ。バーチャルゲーム世界から帰還しない日村を救うべく乗り込んだ一同ですが
世界を乗っ取った大魔王ヒムーラのせいでプレーヤーである美緒たちを含めた全ての女性が幼女化する事態に。
うわこのゲーム超やりてぇw
そして女性でないタローの職業は…『変態』(笑)。装備が一人だけひどすぎてワロスw

『タブー・タトゥー』
BBと再会したイジー。え、男女の関係だったの?
そしてBBの口から語られる姫の目的が遺跡を取りこむことによる『世界の改竄』という事実。
恋する乙女はなんとやら、イジーがBBを妄信しているのがちょっと気になる所。

『ひまわりさん』
実はお外に出れば大人気のひまわりさん。
まさかの入浴シーンも含めてホント安心の和み漫画ですなぁ。

『コンビニロボット ぽぷりちゃん』
幼女+さらに幼女…至福のカットだな(笑)
2巻発売を目指して「林先生になんでも質問」コーナー開始。
メインキャラ、というかぽぷりちゃんのスリーサイズとかも答えてくれるんだろうか?(笑)
個人的には店長の過去とか、ぽぷりちゃんがワンオフ製なのかとか
マスコットの正体とかが気になるとこですが質問して面白いものでもないし
作家への質問というのと微妙に違う気がする…『元ネタになった人物は居ますか?』とか送ってみるかなぁ。
もし質問来なかった場合に掲載される(?)『作家と担当の寒い会話』もちょっと見てみたい気が。←ひでぇw

幼女陥落←陥落ゆーなw
前回に続き無口幼女メイン回。「~わえ」ってどこの方言だっけ?
今まで馬鹿にされてきた口調を『個性』として受け入れてくれたぽぷりちゃんには
ちょっぴりだけ心を開いてくれましたよ。イイハナシダナー(´д`)

アウトすぐるww
……や、やっちまいやがった(滝汗)

『ディーふらぐ!』
桃太郎ネタでも安心のグダグダ展開(笑)
夢オチなのは最初から予想できたけど、なんでモブキャラの夢なのさw


こんなところで。
次号はまたしても文庫から『この中に一人、妹がいる!』のコミカライズ…の、プレ連載。
おぉ…主人公が結構イケメンだ。
表紙は『アリア』『シュタゲ』のリバーシブル表紙、付録にISポスターと気合入ってますなぁ。
ポスター最後を飾るのは箒は確定ですがもう一人は誰でしょうな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。