きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のお買い物。

先日公開された『PrismRhythm』のOP曲が
同ブランドの『Nursery Rhyme』のOPこときしめん…じゃなかった『True my heart』に似ているな~と思ったら
ニコニコ動画で既に差し替えムービーが作られててそのシンクロ率に爆笑。
同じ所が作っているので曲調が似てしまうのは分かるんですが
これは意図して作ったんじゃないかと思いました。

さて、本日…はちょっとタイトルも載せにくいエロ漫画と小説を買ったので、
先日に買った
・記憶の森のエリス 2巻
・妄想少女 3巻
・コンプエース 2010年5月号

について簡単に感想を。

記憶の森のエリス2 胸ペタ×初恋の少女→大混戦 (角川スニーカー文庫)記憶の森のエリス2 胸ペタ×初恋の少女→大混戦 (角川スニーカー文庫)
(2010/04/01)
七瀬川 夏吉

商品詳細を見る

さて、表紙からして大きな釣り針なのですが、
記憶の森の中では全裸でいなければならないという素晴らしい設定を使いこなせなかったのか、
どうやら今巻で打ち切りのようです。無念。
序盤の街中主人公化は面白かったですが
1巻で敵だと思われた少女が実は味方で主人公の男にベタぼれだったとか、
エリスのブラコンの理由がイマイチはっきりしないとか、
いきなり真の敵やら怪獣やら出てくるとか、
その他いろいろ強引に設定を詰め込んで一気に終わらせてしまった感じです。
個人的にはヒロインたちに恥じらいが少ないのがマイナスポイントかな。
上記の設定が逆に『全裸で居る大義名分』になってしまって開き直っちゃってるんですよね。
2巻では主人公も記憶の森に本格的に入ってしまったのでさらに開き直らざるを得ないというか。


妄想少女3 決戦は夏コミ最終日! (角川スニーカー文庫)妄想少女3 決戦は夏コミ最終日! (角川スニーカー文庫)
(2010/03/31)
東 亮太

商品詳細を見る

さて、こちらは逆にチラリズムを追求した(?)作品の3巻目です。
毎回紗衣の書いた二次元萌え少女を具現化してその場での謝罪はするもののすぐに繰り返すダメ主人公・光宏。
正直この主人公のヘタレっぷりがウザくて(いやホント足引っ張ることしかしないんですよコイツ)
一時は切ったんですが3巻では紗衣の同人誌製作のために奮闘してて好印象でした。
反面、残念だったのが今回の即売会会場での公開エロイベント。
毎回登場する二次元少女は紗衣のライバル・月代の能力でエロコスにされたりエロキャラにされてしまうんですが、
今まではまだ紗衣と主人公の前でだけだったんですよね。
正直具現化も含めて大勢の人間に目撃させてしまうのは話の展開から見てもマイナスにしかならないような…
まぁ、『あれはショーでした』で終わらせてしまう手もあるんですが。
結局、意地を張っていただけの月代とも和解しメデタシメデタシだったのですが、
ラストでなんと紗衣のイラストを載せているHP自体が少女化して紗衣の姿で光宏の前に登場。
これが単純にHPの少女化だったらいいのですが、ザ・スニーカーの短期連載での妹のように、
現実の紗衣が消滅してしまっていたらエライことです。(事件を解決できる人が居ない)
4巻の発売が一気に楽しみになってしまいましたよ。


コンプエース 2010年 05月号 [雑誌]コンプエース 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/03/26)
不明

商品詳細を見る

いや武内氏とか呼んでこなくていいからw
むしろTypeMoonの新作に専念してくれてればいいですから。
5周年記念ということで『なのは』『Fate』原作者の夢の対談が載っています。
対談自体はまだ読んでいないのですがコラボ漫画は結構おもしろかったかも。
ただ、雑誌の看板漫画と言ってもいい『なのはVivid』も『プリズマイリヤ』も
原作のコミカライズじゃなくて同人ちっくなんですよねぇ。
『なのは』の方はまだ都築さんが関わっているとしても…

『Fate/stay night×魔法少女リリカルなのは』
特別企画その1。もしもなのはとフェイトが凛に召還されていたら?という話。
数ページですしオチも特に無いです。ほんとに同人。

『魔法少女リリカルなのは×プリズマ☆イリヤ』
なのはさんの戦闘力はイリヤの53倍らしい。
今月では一番面白かったです。

『魔法少女リリカルなのはVivid』
まさかの温泉&乳首券大量発行。30ページ中24ページが裸祭り。ひゃっほー。
はやての血を受け継いだ(嘘)セインがお触りしまくりとか神回にも程がありすぎる。
ところでそろそろ『特訓→模擬戦→互いを誉めあう』だけの繰り返しはなんとかなりませんかね。

『リトルバスターズ!エクスタシー ワンダービットワンダリング』
なんとなく連載再開みたいな気分で読んでみたら新連載でした。
ゲーム世界に入ってしまった?リトバスメンバーの話みたいです。
とりあえず理樹の残機が既に1なのが気になる(笑)

『えびてん』
この漫画の最大の謎は、つまらないと思いつつ毎号きっちり読まされてしまうところ(ぇ
今回も主人公が戸田山さんのパンツずり下ろしただけですし。

『ほしうた』
PCゲームの原画家が描いているので一番違和感が無いメディアミックス作品です。
正直これを描きながらファンディスクの原画もやったのはすごいと言わざるを得ない。
くららルートクライマックスですが主人公が格好よくなってきたので
積んでるPCゲームをそろそろやってみようかなとちょっと思ったり。

『ダンタリアンの書架 ダリアンDays』
同時に始まった少年エース連載の方がとりあえずは面白かった。
といってもこっちは『日常』を描いている作品なので1話がどうしても地味になってしまうのは仕方ないですね。

『ヨスガノソラ』
水着回。原作もそうだが穹の潔い無乳っぷりに拘りを感じる(笑)

『ひぐらしの哭く頃に 雀』
近代麻雀の方もそうですが、
『ひぐらし』の知名度を使っただけの麻雀漫画は見るに耐えないのでさっさと終わって欲しいのが本音。

『生徒会の一存 ぷち』
これとプリズマイリヤのせいで購読が止められない。

『11eyes~罪と罰と購いの少女~』
主人公に血を吸わせる美鈴さんが超エロ可愛い。
それにしても恋楯のコミカライズの時より随分上手くなった気がします。

『戦場のヴァルキュリア』
最終回。アニメも原作も知らないのですが、ラスト2ページの癒し力が凄まじい。

『MELTY BLOOD』
旧アニメ版ドラ○ンボール並の話の引き伸ばしっぷりにはもはや神がかり的なモノを感じる。
原作こんなにボリュームある話じゃないですよ?


今回も雑誌の感想はかなり端折ってます。
この程度の感想書くのに2時間以上かかるとは少々情けない…
読みなおしに夢中になってしまうのが悪いんですけど(^^;
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。