きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maximum Magic Quirk Of Destiny (2)

約2ヶ月前に契約したフレッツ光の工事がやっと今日、終わりました。
これで今日からゆーいちも光デビュー(意味不明)ですよ!
…何が変わったのかさっぱり分からないですけど(^^;


色々登録とかメールの確認とかしていたら遅くなってしまいましたが
『Maximum Magic』予定通りミリアムルート終了です。
なんか選択肢で好感度が変化しそうなのがフォルトゥナぐらいしかなかったので
適当に選んでたらルートに入ってました。

ジードにベタ惚れ
ドジで天然、でもまっすぐな女の子。
初っ端からジードに一目ぼれして調査を(強引に)手伝ってくれたり
弁当作ってくれたりしてくれます。
戦闘については完全な足手まといなのですが、
ちゃんと自覚してて裏方に回ってくれるのでうっとうしさはないですね。

3章(おそらく共通ルートここまで)でスピリット・ドラゴン事件を解決したときに、
幼い頃ジードがドラゴンを魔力暴走で退治したことが発覚(なんというチート能力)
同時にミリアムの両親(というか街の大半)を殺したことを知ってしまったことで二人の関係がぎくしゃくします。
と言ってもほとんど一方的にジードが負い目を感じて距離を取っていただけですが…
そして女王に呼び戻されてジードが帰ってしまった後に唐突にエンシェント・ドラゴンが復活、なぜか街を襲撃。
実は列車に乗り損ねていたジードが戻ってきて事なきを得るのですが、
散々強い強いと騒がれていたエンシェント・ドラゴンを『ドラゴン専用魔法』一発で倒しちゃう、てのはちょっと…
たとえて言うならカードバトル漫画でピンチのときに都合のいい能力を持つカードが出てきました、みたいな(苦笑)
ミレーユを助けるためにいろいろ制限があったとは言え、
3章のスピリット・ドラゴン事件の戦闘の方が駆け引きとかスピード感とかあって熱かったですね。
ただ戦闘の展開はともかく、昔と同じような状況で今度は被害者を出さなかったことで
ジードのトラウマが癒され、ミリアムの好意を受け入れるという流れは良かったと思います。
事件解決と再会

感想ですが…内容がどうこう言うよりも短い、という印象です。
ミリアムルートは4章で終わり。
1章ごとの話が極端に短いわけでもないのですが、
このボリュームなら個別ルートで2、3章は欲しかったなぁと言うのが正直なところ。
しかも半分ぐらいジード出てきてないので
事件解決→好きだ→Hシーン→ENDまでが駆け足展開。
2回目のHシーンは数を増やす為にEND前にとりあえず入れた、みたいな…
もうひとつぐらい事件を起こして、もっとイチャラブ分を書いて欲しかったと思います。

ヘイジムーンが『ミリアムの覚醒が起きなかった』とか謎の発言を残していますし、
全ての黒幕っぽい女王や、エクリプスを操っていた占い師の狙い(おそらくセドナ?)も語られないですし
色々と伏線が消化不良気味でした。
全員クリアすれば謎は明らかになるんでしょうか…


<オマケというか、一言物申したいコーナー>
なんて嬉しくないハプニング
そこは逆だろぉLimeスタッフさぁぁぁんっっ!(血涙)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。