きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われた未来を求めて(4)

『あかときっ!-夢こそまされ恋の魔砲-』応援中!
『あかときっ!』発売前カウントダウンボイス公開中!
ついつい聞き逃してしまうネタですが久しぶりに毎日聴けてます。
特典もかなりギリギリっぽいですがようやくフルカラーに。
メディオのがいいのは分かってましたが、ヨドバシの私様のお尻やげっちゅ屋のおっぱいも色がついたら破壊力たけぇ…

神楽幻想譚を応援中です!!
『神楽幻想譚』のほうも、発売一週間前にして最後のサンプルCG更新。
こんなに公開しちゃって大丈夫なの、と思うぐらい多数のHシーンがあるわけですが
これでまだ全部ではない…だとっ…神楽、恐ろしい子っ…
今回はレベルダウン方式を排除したことで負けづらくなっている(Hシーンの回収が困難)ことが懸念された問題にも、
敗北用のアイテムを用意することで解決。
なんかいろいろ豪華な新要素が多くて、うれしいですけど思わぬバグとか出ないかちょっと心配だw


一番好きなタイトル画面です
季節の変わり目には必ず風邪を引く、と前にこぼした記憶もあるのですが
ここ数日の寒波をあっさりくらってしまい、
すいませんが2日ほど更新をお休みさせていただきました。
体調悪くても個人の都合だけでは休めないのが社会人のつらいところ。
気を取り直して今日は『失われた未来を求めて』、いよいよ真ヒロイン・ゆいルートの感想です。
これまで曖昧にされていた情報が一気に公開されることもあって、内容は濃かったと思います。



おぱんちゅ(*´д`*)ハァハァ←こらww
寝坊で重役出勤の際に、体調を崩したゆいを発見した奏。
とりあえず休ませて、翌日お見舞いに出向いた奏は、日光浴をする彼女の足にささる電極に気づきます。
そして彼女がアンドロイドであることを聞きだし、その抱えている物の重さに思わず彼女を抱きしめてしまう奏。
相変わらず必要あるのか無いのか微妙な柔道部の騒動などを挟みつつ、比較的トントン拍子にHまで進んでしまいます。

ゆいの消滅(TT)
佳織を助けるために未来からやってきたゆい。
出来るだけ忠実に歴史をたどるものの『佳織の乗ったバスの転倒』という未来は大きく変わり、
バスを待つ彼女にコントロールを失ったバスが突っ込むという結果に。
佳織を救うために作られた存在である以上、佳織が事故にあわない未来では存在できないという
ゆいの悲しい運命があかされますが、なぜかこの世界でも彼女は消えてしまいます。
なぜゆいが作られなかったのかはこの後の未来編(BADEND)で明らかにされるのですが。

時を越えた再会
今回のanotherルート分岐はまさかの未来編から。
これまで三十路愛理が『扉』を使い
たびたび過去の彼女自身と入れ替わっていた(だから現代の愛理は事情を知っていた)ことが明言されますが、
そのシステムを無理やりに使い奏は過去の自分と融合してしまいます。
再会したゆいに事情を話し、今度は二人で因果に挑むことに。
過去を変えないよう出来るだけ昔の奏を演じながら、佳織を救うべく奮闘することになります。

星空の下で、二人は…
佳織を跳ねる予定のバスに乗り込み、やや強引な方法ですが事故を回避した奏。
ですがそれは、同時にゆいの消滅も意味するわけで…
最後の思い出(ぶっちゃけHシーンw)を残したあと、いよいよ消え行くゆいを前に奏はあるアイデアをひらめきます。
それはゆいを過去に送り、これまで度々話題に出てきた謎のAIユニットに彼女の記憶のバックアップを残すこと。
こうして物語はトゥルールート、『Y.U.I.S.』ルートに続きます。

佳織を助ければ自分が消えるという運命を覚悟しつつ、
奏と過ごすうちに『消えたくない』という想いを抱いてしまったゆい。
それでも佳織を助けようとする彼女のけなげさと、それを受け入れる奏がよかったシナリオだと思います。
ただ過去の自分とは言え、体を乗っ取っちゃった形になったのはちょっと抵抗がありましたが…
次はいよいよ『Y.U.I.S.』ルートの感想予定です。
なんとか月末までには終われそうだ(^^;


<おまけ>
過去へ跳ぶゆい
その特性上、ゆいは全裸立ち絵が非常に多かった! ケニーかむひあー!(笑)
ほんと、なんで他のキャラでは使わなかったんだろ…
あと消滅しかけている時にちゃんと立ち絵も透過気味にしている演出がよかったですね。


<おまけ2>
胸の成長は止まったままのようです(爆)
三十路愛理Hシーンキタコレ!(*´д`*)ハァハァ
…とまぁ、手放しで喜べないんですが。
BADENDにて、ゆいが完成しなかった理由は奏が佳織もゆいも両方救おうと無理な計画を進めていたから。
このままでは奏も失ってしまうと感じた愛理は以前から秘めていた想いを告白し、奏を誘惑するのですが
それは因果に干渉してゆいの存在を記憶からも消してしまう手段だったり。
なんというか、女の愛の怖さを実感できるシーンでした(^^;
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>女の愛の怖さを実感できるシーンでした(^^;

何を、リアルで経験した事があるかのような発言をされていらっしゃるのですかっ……はっ? ゆーいちさんはワタクシと比べたらリア充?

いやまあ、私よりギャルゲー獣(充)な、気は実感しておりますが。……最近、ギャルゲーが起動できていないねっ。シカタナイネ。

Re: >女の愛の怖さを実感できるシーンでした(^^;

>リアルで経験した事があるかのような発言
はっはっは、純正100%エロゲで培った知識でんがな!orz

エロゲで『女の怖さ』というとすっかり『ヤンデレ』のイメージが定着して
包丁やら空鍋展開になるのが流行ですが
むしろこういう実際にありそうなレベルが結構怖いと思うのですよ。
勘違いによる思い込みじゃなくて、心底奏を救うための行動ですからなぁ。
まぁ怖いというとマイナスに誤解されるので凄いといったほうが良いかもしれないですね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。