きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fortissimo//Akkord:Bsusvier(8)

『恋と選挙とチョコレート』にAXLの『Like a Butler』デモムービーデータが混入、初回版回収へ。
こ れ は ひ ど い(^^;
設定が気に入らなかったんでゆーいちは買わなかったんですが
好評につき絶賛品薄中の『恋チョコ』にこんな騒動が起こっているようで。
店頭在庫回収っていうけどそもそも残ってないんじゃないかと思いますが
品薄で買取高騰になるほど成功したといっていい作品なのにとんだケチをつけてしまったものですね。
ダミーデータで見た目の容量増やすことにばっか一生懸命になるからこーなるんだろーなぁ…
というか噂を聞いても信じがたいのですが1GBぐらい上乗せしてるってどーなんだ(--;

初回版に違う意味でさらなるプレミアがつきそうですが、
とりあえず世間の評価に踊らされて買わないでよかったなぁという気分。

中央に座るのは誰?
さてそんな世間から1ヶ月遅れの(TT)ゆーいちのプレイ日記ですが
今日は『fortissimo//Akkord:Bsusvier』のまとめ感想です。
なんだかんだ言いつつバルドスカイをやってる時間が長いので
シナリオがほぼ一本の割に時間がかかってしまいました。

<お気に入りキャラ(ヒロイン)>
紅葉>なぎさ>サクラ>紗雪>苺>陽菜子>美樹>綾音>海美
あ、なんか久しぶりにランキングにおっぱい関係ないっぽい←コラww
無難に上位にメインヒロイン勢が。
シナリオ分岐はあるものの基本的に『ヒロインを攻略』というところまで行かないので
そこまで順位差はないのですが、好みはともかくとして
計算で動くタイプだと思っていた綾音は完全に想定外の性格で面白いキャラでしたね。
男性陣では零二>剣悟>卿介>龍一>鋼>陣といった順位でしょうか。
もう一人の主人公と言ってもいい龍一は序盤~中盤の偽善で足引っ張るあたりが大きなマイナスポイントです。

<シナリオ>
まずゲームを買う前に『戦略破壊魔術兵器(マホウ)』『瞬間魔力換装(フリューゲル・ブリッツ)』などの
厨二病的な(笑)ルビの振り方にビビッと来た人にはぴったりの熱いシナリオだったと思います。
恋愛ゲーム的要素を極力排除しシナリオを一本に絞ることでバトルに集中して読ませており
作り手がどこを見て欲しいか分かりやすいゲームでしたね。
欠点は上記の特徴がそのまま(シナリオの長さではなく幅的に)ボリューム不足になるのと、
やはり未完で終わってしまっていることでしょうか。
正直、ゲーム起動時に零二以外全員死亡を明記してしまっているのも好きではない演出なんですが、
まさかオーディンと決着をつけないとは思いませんでしたよ。
展開的には読めるし、物語のクライマックスが零二VS龍一なのは分かるんですが…

<CG>
サクラを攻撃する紅葉
キャラデザについては女の子は可愛いし男は格好いいし文句なし。
塗り、演出についても暗めの背景と輝くマホウのコントラストなどバトルシーンも文句なく、
逆に明るめに統一された日常のCGとのギャップが利いていたと思います。
非日常の象徴である『戦略破壊魔術兵器(マホウ)』のデザインの一部を
この手が得意分野のニトロプラスが担当しており

lacrymスタッフのデザインと合わせて各人それぞれ独特のデザインになっていますね。
個人的には、過去記事であますとこなく網羅している(笑)お色気CGが予想以上にあったのが嬉しかったです。
公開されている下着と水着で終わりだと思ってたんだじぇw

<システム>
紅葉バトルステータス(クリックで拡大)
セーブロードなど基本的機能はそろっているものの、CGをメインで見せるためか
コマンドが常時表示されてないのでちょっと面倒な印象です。
ただ専門用語が多いことを考慮してかプレイ進行に比例して埋まっていく
用語辞典・能力解説などをタイトルに戻らず見れるようにしたのはナイスですね。
まぁシーン回想があるのでセーブは選択肢のところだけでいいんですがw
かなり細かく設定が作ってあり、特にバトル関連に関しては公式サイトにもない情報が多いので
面倒でも一度は見ておくが吉w

<サウンド>
主題歌とBGMは神。
主題歌については妖精帝国とflipsideという時点で脳汁がダダモレになりかけるほど歓喜なのですが(笑)
期待通りの出来でした(OPムービーの影響で個人的には妖精帝国の方が今回は好み)。
BGMは日常のテーマもいいですがやはりメインとなるバトル関連のBGMはどれも圧巻。
疾走感のある『嘲(あざけ)りのラグナロク』
軽快なテンポながらもマホウの異常性を象徴したかのような『Gothic Distance』もいいですが
シナリオ的にやはり「ここから逆転!」的な『復元する世界』『神話魔術』あたりはサウンドモードで流しているだけで
鳥肌が立つほど興奮してくるぐらいで、このゲームのレビュー書いているときは基本的に垂れ流し(笑)
マイナス点はやはりボイスがないことですね…ゆーいちに音感と知識があれば
予想声優さんを全員分書いて見たいところなんですが(^^;

<総評>
なぜ声とオチをつけなかったのか(TT)。
いや~シナリオ一本・Hシーンが無いなど残念なところはあるんですが
それらを差し引いても充分に面白いと思うんですよね。
ただ、上記の2点が大きくマイナスなせいで人には薦められないのが残念。
出したら出したで追加商法と叩かれるでしょうが、
3千円ぐらいで声とエンディングを追加してくれるアペンドディスクを出してくれるなら買いますよ(笑)


<おまけ>
上記で書いた声優さん無理矢理考えてみました。

サクラ:みる
紅葉:青葉りんご
紗雪:大花どん
なぎさ:遠野そよぎ
美樹:木村あやか
陽菜子:北都南
海美:藤森ゆき奈
綾音:有栖川みや美
苺:水霧けいと
零二:ヘルシー太郎
龍一:先割れスプーン
剣悟:岸尾だいすけ
陣:ビスケット子爵
鋼:壬生中将
卿介:氷河流
オーディン:一条和矢


うぎゃぁああとりあえず埋めただけなのがバレバレぞなもしっ!
CV詳しい人、誰か頼みます…ってどっかで既に予想されてそうっていうか皆考えるよなぁ。
4時間かけて(手持ちのゲーム起動しまくって)徹夜で考えるよりそっちを検索したほうが早かったかも(TT)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>4時間かけて(手持ちのゲーム起動しまくって)徹夜で考え

ど、どんだけー。
そんなに面白かったんですかw
完全版が出るまで待とうと思っているのですが……4時間も考える情熱を注げるぐらい、面白かったんですかw

我らが、青山ゆかり嬢が声優陣に登場しないのは、青山ゆかりに中二設定は合わないと言う事ですかっ!……自分で言っててなんだけど、自分で想像できないっ。上記CGシーンをゆかりボイスにすると違和感しかないっ(バカ)

Re: >4時間かけて(手持ちのゲーム起動しまくって)徹夜で考え

> ど、どんだけー。
> そんなに面白かったんですかw
いや~なんか徹夜のテンションでハイになったというかムキになったというか(笑)
お約束のようにいつのまにか普通にそのゲームをプレイしている時間が長かったり。

> 我らが、青山ゆかり嬢が声優陣に登場しないのは、青山ゆかりに中二設定は合わないと言う事ですかっ
入れたかったんですけどねぇ。AXL作品片っ端からプレイしてもどーもしっくり来なかったんですわ(^^;
しいて言うなら綾音かな?というとこなんですが、彼女のイメージにしては元気すぎる感じが。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。