きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fortissimo//Akkord:Bsusvier(7)

今期見ているアニメ(主にニコニコ動画で)では
『FORTUNEARTERIAL』
『ミルキィホームズ』
『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』

辺りが面白いですね。
『FA』は元々原作ゲームから見る予定ではありましたが、
『ミルキィ』はあの『おねがいマイメロディ』スタッフが関わっているだけあって
萌え系アニメと見せてギャグが結構面白く、
『P&S』は…なんだろう、とても食事中には見れないほどお下品なのに妙な面白さが。
あと『禁書目録2』『もっとToloveる』は録画が溜まりっぱなし(笑)

さて今日はいよいよ最後のシナリオになる『fortissimo//Akkord:Bsusvier』のレビューです。
いちおう美少女ゲームとジャンル分けしたのに今回まぁ漢くさいこと(^^;

なぎさを抱きしめる龍一
綾音、紅葉と親友を失い、これ以上はもう耐え切れなくなったなぎさ。
戦いを通して『全ての人を護る』ことより『なぎさを護る』ことを決めていた龍一は
そんな彼女を優しく抱きしめ…
ここで時間は翌朝に飛ぶんですが、これシナリオ的にも絶対Hしてますよなw
いや今回に限ってはいつもの妄想(*´д`*)ハァハァだけでなく、
ここで結ばれていないとなぎさがかわいそう過ぎますわ。
翌朝、最後の戦いに向かう決意を秘めて出て行く龍一を見送る彼女の胸中を思うとウルっと来ますな。


零二VS龍一・最終決戦
再び倒れたサクラを介抱する零二を呼び出した龍一。
己の信念を捨ててなぎさを護るために零二を倒すことを苦渋の思いで告げる彼ですが
零二はむしろその決意を認め、長年の決着をつけることに賛成します。
あらゆる格闘技を極めた龍一に対してまともにやれば勝負にすらならない零二の武器は
予測を予知にまで昇華させた『対人戦略予知視(ウルザブルン)』←自身命名w。
さらに『復元する世界』で龍一を召還移動させて隙を狙うのですが
それでも『疾風迅雷』を発動させた龍一の前に苦戦する一方。
そもそもサクラじゃないと龍一の武器を破壊するのは無理なハズなんですが(^^;

打ち砕かれる『雷光を打ち砕くもの』
『総てを射抜く雷光』ですら
その膨大な魔力を拳に込めて放つ『神討つ神狼の蒼槍(フェンリスヴォルフ)』で迎撃する零二。
さらに『対人戦略予知視』を進化させることで押され始めた龍一ですが
ここで切り札『総てを超越せし九つの雷光』を発動。
当たれば必死、避ければ背後のサクラが消滅というピンチで零二のとった手段は
紗雪から受け継いだと言ってもいい『復元する世界 術式固定(ダ・カーポ アインハルト)』
発動時の状態に己の時を戻し続けること。
なんか都合よく理屈をこねている気がしないでもないですが
演出のおかげで「うおおその手があったか! 零二格好ええ!」という風に思わせてくれますなw

戦友との別れ
『雷光を打ち砕くもの』の魔力吸収力に限界があることを見抜き、
全力で魔力を叩き込むことで龍一の武器を破壊した零二。
ある意味最強である龍一が唯一零二が単独で倒せる存在だった、というのはまた皮肉な話ですなぁ…
って何年か前にもこういう設定見た記憶があるぞ(笑)
敗北にもどこか満足した表情で消えていく龍一。
残るはなぎさ…とはバトルになりそうにないんで
彼女からも運命を託されてオーディンとの最終決戦でしょうかね。

ここで『fortissimo//Akkord:Bsusvier』完。
…え?
……あれ?
ちょっ、なぎさは? サクラは? オーディンは?
冒頭で流れたあの悲壮な風景の顛末はぁぁぁぁぁっ?
まさかの
未 完 E N Dです本当にあり…がたい訳ないだろがぁぁぁぁ!
えーと、レビューが一時とまった原因はバルドスカイとこれです。
ここまでやっておいてそれはないだろうと思いましたねぇ。
これは半年後ぐらいにボイスも入った『完全版』を発表する伏線と見ていいのか、
このまま投げっぱなしENDで終わるのか。
前者の予定で作っておいてFANからの非難集中でそのまま後者、になりそうな気がするんですが。
なんだかんだでバトルが熱かっただけに
このオチだけで一気に他人に薦められない作品になってしまい本当に残念です。
まぁ一応、今までどおりまとめ感想は書くつもりですが…
テンションあがらねぇなぁ(TT)


<おまけ>
崩壊する世界と最愛の人の死
あえて(1)ではスルーしましたが、ゲームを初めて起動したときに流れるまさかの最終決戦。
ここでサクラが死んだこと、それによって零二が最凶のマホウツカイ(明記されてないがおそらくオーディン)を
越える力を手に入れたことなどが書かれているのですが…
そもそも『戦略破壊魔術兵器』であるサクラの死イコール零二の死、という根本設定が覆っていることも含めて
非常に気になっていたのですが…ごらんの有様ですよorz
まぁサクラの死亡シーンなんて見たくないのでそれだけが救いっちゃ救いですが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。