きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fortissimo//Akkord:Bsusvier(4)

今週末はDreamparty大阪なのですが、
今回でぼの巣を初めいつも通っているメーカーが少なく、
正直どーしようかなぁという気分です。
まぁこういうときに限って前売り券を買っちゃってたりするので行くとは思いますが、
開場後の並ばないでいい時間にまったり行きますかねぇ…

サボりのなぎさとムッツリ零二(笑)
さて『フォルテシモ』レビューというか感想と言うかキャラ設定紹介というか
なんだかんだで4回目。
今回はいつもより桃色成分50パーセント増しと言ったシーンが非常に多く
15禁指定は暴力的な部分のためだけと思っていたゆーいち大歓喜の回。
…や、バトルも熱いですよ?(^^;


サクラと紗雪(とまお太)とピクニック
前回の戦いで新たに龍一と海美がマホウツカイだと知った零二。
全員を集めて黒幕・オーディンを倒す同盟を組むことを提案しますが
基本方針には賛成であるものの馴れ合いを嫌う紅葉、
自ら攻めること自体に乗り気でないなぎさの二人はこれを辞退します。
よく考えたら13人中4人が消えた現状、確率論で行けば
そろそろ身内に犠牲者が出てもおかしくない状況ですな…
事情を知り、学園等の日常生活を捨てて探索に専念する龍一
あくまで今の日常を過ごそうとする零二のスタンスの違いがはっきり出ていますね。

事後ですね分かります(^^;
まさかの濡れ場(^^;
同盟には賛成したものの自分だけが『新参者』であることに気づいてしまった海美。
もし仲間を犠牲にしなければならない状況になれば、まっさきに切り捨てられると怯えるのですが、
幼馴染の俊介に告白されたことで自分が本当に大切な者が誰かということに気づき、彼と結ばれます。
純愛モノで俊介が主人公だったらこれでハッピーエンドなんですが、
ここでなぜか海美さん思いっきりヤンデレっちゃいましたよ(滝汗)

メインヒロインの座をかけての戦い!…ではない(笑)
VS海美。
紅葉の『七つの大罪』をコピーし、破壊されても即座に新たなコピーを生み出す海美に苦戦する零二たち。
さらにはサクラのコピーであり月光を糧とする『夜桜』まで生み出し
容赦なく『正義なき夜光の剣(レーヴァテイン)』で攻撃してきます。
さり気に『復元する世界』で空間の時間を戻すことによる防御という離れ業を零二がやっているのですが
時間稼ぎにしかならず、かろうじて飛び込んできた龍一、ワルキューレによってその場を逃れます。

使い勝手(失礼)はサクラ以上?
追撃してきた海美はサクラを『再複製』することで消耗した夜桜を回復。
事実上のレーヴァテイン撃ち放題な状況に対し、サクラは魔力切れ寸前と圧倒的不利な状況ですが、
ギリギリまで隠していた紅葉の切り札『極光の断罪者(ジャッジメント)』によりかろうじて勝利。
…のはずが、馬鹿りゅーいち(命名・紅葉)のせいで『雷光を打ち砕くもの』をコピーし
その魔力をも加えたレーヴァテインで一掃される零二たち。
とうとうサクラの魔力も限界を迎え、かろうじて立てるだけの零二に止めを刺すべく迫る海美ですが。

その動き、弾丸より疾く――ー!
ここで切り札を発動、『復元する世界』で紗雪を召還する零二。
しかし海美はそれすら読みきっており、紗雪の攻撃の前に彼女の武器をたたきおとして勝利を確信します。
が、紗雪の切り札は既に発動済。
戦闘開始直後から放っていた弾丸を全て中空に固定させそれを開放する
『正邪必滅の流星群(シュトゥルム・クロイツ)』により海美を倒します。
いやこの策は予想外で格好良かったですね。
『瞬間魔力換装(フリューゲル・ブリッツ)』による高速移動を使うところまでは予想してましたが…
海美の身体能力自体は決して高くないので「メガネ奪ってポキっと折ればいいじゃんw」とか思ってましたが
よく考えたら『マホウはマホウでしか破壊できない』というスタンド使いみたいなルールがありましたな。

こうしてまた一人マホウツカイが消滅。
今回は引きこもり高みの見物だった陣がワルキューレの正体に気づいたようで
またまた次回が気になるところです。
これまでの『発動した能力がそのまま決め手になった』戦いと違い、
一通り各キャラの能力が明らかになった後での応用・工夫が見られた分、
戦いの駆け引きなどがより強くなりこれまでで一番面白いバトルだったと思います。
シナリオ的に当て馬になったとも言える海美とそのファンには残念な展開でしたが(^^;


<おまけ>
いい位置にしぶきがあるんだから下もすっぽんぽんで良かったと思う!←馬鹿
18禁版だとここでセクロスですね分かります(笑)
まさかのサクラの水浴びシーンいぃーやっっほぉぉぉぉぉい!!
自宅の風呂が壊れたことで地元の温泉に行くことになる零二たちですが
途中で別れたサクラのあとをつけるとこんな嬉しい展開が。
最初は恥らいつつもすぐに水浴びに誘ってくるサクラにびしょびしょにされた零二は
放置プレイしていた紗雪に服が乾くまで外で反省させられるのであった(笑)

<おまけ2>
ナイスつるぺた(*´д`*)ハァハァ
18禁版だとここで(略)
サクラを追わず当初の予定通り温泉に行くとこちらにも素晴らしいエロイベントが。
深夜のために混浴になっていた温泉でドッキリな零二と、確信犯(笑)の紗雪。
ここまでやっちゃうならいっそ乳首解禁してもよかった気もしますが、
それって15禁レベルだとアウトなんですかねぇ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。