きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼風のメルト(11)

なんだかんだと後回しにしているうちに随分間があいてしまってスイマセン。
今日はいよいよ最後のヒロイン、涼ルートの感想です。
このルートは『神語り』というTOPメニューから独立しているルートなのですが
想像していたよりもかなりボリュームがあり、まとめるのが難しいというのが
レビューがなかなか書けなかった理由なんですが…って言い訳ですな。
色々と考えた挙句、結局いつもどおりイベント準拠+ちょこちょことコメントを入れる形にしようと思います。
ぶっちゃけ長いんで分割しようかとも思ったんですが。


土地神さま、現代の味にハマる(笑)
物語の分岐は水の精霊事件前後から。
他ルートと違い比較的早く涼の正体が郷土研メンバーに存在がばれてしまいます。
(そういえば康介がハブられてない唯一のルートですなw)
精霊を守るために結界から出てしまった土地神を保護した彰人は
一人の女の子でしかない立場の彼女にキュンと来ちゃう訳で。
このときに彼女から『涼』という名前を正式に教えてもらいます。


なんというエロ衣装(*´д`*)ハァハァ
最初の山場、『風(ふう)』の登場。
人の想いから生まれる精霊ですが、当然悪の想いもあるわけで。
本来はとろゾーが精霊の誕生を管理しているので滅多にないことですが、
たまに悪の精霊が生まれてしまうことが。
涼はそれを体内に封じ、10年ごとに『浄化』を行っていたのですが
消しきれなかった想い、または涼自身の心の闇から生まれたもうひとつの人格です。
どーでもいいことですが、この場合の風と涼の衣装チェンジってどういう仕組みなんだろ(笑)

『涼と風の融合=涼風のメルト』?
かつて起こった風の暴走(この編が月音の絆語りとリンク)をとめるため、
とろゾーを封じた神具で風を封じた彰人の先祖・明彦←ややこしいなぁもう(^^;
そのときから封印されいた風ですが、10年前、彰人を救う力を取り戻すために(捺菜ルート関連)
涼自らが封印を解いて風を呼び戻していた、という話を語られます。
…なんか彰人のやらかしちゃったことが『子供だから』で済まされない程
トンでもない事態を引き起こしていた事がドンドン明らかになっていくんですが(滝汗)
ショコラとボンタを生贄(笑)にして神具の使い方を学んだ彰人は
過去同様、とろゾーの力を借りて風を封じようとしますが
涼はこれを止め、彼女を受け入れて同化することに。
なんかこれだけで一つのエンディングになりそうな話の展開ですが、
いろいろ盛り上げた割にあっさり解決しちゃってちょっと肩透かしな気分ですね。
この後風が一切出てこないのが非常に残念…いいツンデレだったのに(笑)

土地神さま、告白する(される)
風の一件を通して少しだけ自分に素直になることにした涼。
郷土研メンバーとの距離も縮まり、なんと学校で月音先生の(擬似)授業を受けることに。
親の権力をフル活用して偽造学園手帳を手配したり涼に『土地 神』という名前を付けようとしたりと
月音先輩のターンに振り回されつつも学園生活を楽しむ涼がかわいいです。
そんな中で、禁足地の結界の9割が消滅する事態が発生。
比例して生命力を失った瀕死の状態でなお精霊の回収に向かう彰人を泣いて止める涼。
彰人は涼が好きだという気持ちに気づき、二人はそのまま結ばれます。
月音に続いての事後の全裸立ち絵(*´д`*)ハァハァ。
そういえばこのゲームも(収録されているにも関わらず)ヒロインの裸立ち絵が月音と涼だけでしたねぇ。
わざわざ作ってあるのになんてもったいない。事後会話のみならずエロハプニングイベントとか、
使い勝手はいくらでもあると思うんですが…

とろゾーも昔は可愛かった(笑)
ここで物語は涼の夢という形で過去の話へ。
精霊を生み出す神獣・とろゾーを追って人界にやってきた涼と
秋人(彰人の先祖)の出会いから共に暮らす生活が書かれますが
力を持つ者の宿命か、村のために『言霊』の封印を開放したために
その力の暴走が起こり結局は迫害されてしまいます(TT)
なかば言いがかりのような形で村を追い出された涼ですが。
世話になった村人への恩を忘れず禁足地を作り土地神として村の願いを叶える事に。
ええ娘や…ええ娘すぎる…
こうして土地神祭の起源が判明したのですが、思ったより簡単な理由でしたね。
もっと呪いとか強制的な理由で涼が今の立場に居ざるを得ないのかと思ってましたわ。

言霊を使う彰人
彰人と秋人を重ねているのではないか?という気持ちのすれ違いも涼の日記で早めに解決しますが、
今度はかつて起こった『原初の嵐』の再来が。
う~ん、明らかに自然現象じゃないのに結局なんだったのか今イチはっきり書かれないままでしたな。
過去の秋人同様、言霊の力を(ある意味無理矢理)借りて彰人は嵐を収めるのですが
代償として生命力をごっそり持っていかれることに。
まぁおかげで治療と称して涼とニャンニャン出来るのですからある意味うらやましい(笑)

涼のおしり(*´д`*)ハァハァ
彰人を救うために涼は例の祭壇を使い、神の魂を代償として『精霊と人が暮らせる世界』を願います。
『精霊と人が暮らしてきた街』という風に
街自体の歴史が改変されることでその願いは叶うのですが、涼は消滅。
納得がいかない彰人は涼の想いから生まれた精霊と神具の力で祭壇を破壊、涼を取り返します。
正直、捺菜ルートとネタかぶりしていることもあって『ま~た自己犠牲ネタか』とウツな気分になったり、
展開が早すぎてあまり盛り上がらないままプレイしてましたわ(^^;

土地神さま、笑顔でさようなら
神の力を失い、完全な人間になった涼。
当然禁足地も消滅するのですが、最後にとろゾーの力でまさかの絆語りメンバー登場。
最後に笑顔で彼らととろゾーに別れを言う涼が印象的でした。

かなり端折ったにも関わらずあらすじを書くだけでえらく長くなってしまいました。
ぶっちゃけ、クライマックスが多すぎです(^^:
風のイベントにしろ彰人の呪いにしろ、煮詰めればそれだけで一本のルートに出来るネタを
次々に並べることで逆にそれぞれのイベントが薄まり、
ただダラダラと続いている感が非常に大きかったですね。
例えば、涼の力が足りないときに眠っていたはずの風が目覚めて…
など、各イベントをからめてくれればもっと面白かったのでは、と思うのですが。
まぁこの辺り、(忘れていなければ)次のまとめ感想などで書くかもしれません。
というか、9月分のエロゲもう明日来るじゃん…(汗)


<おまけ>
こもわた分(ノルマ)。パンチラすら見えねぇ…
涼ルート序盤、精霊の件がバレるきっかけになった触手君。
チクショウせっかくのエロ触手なのになんでSDなんだよorz
脱がせとまで言わないまでも、例えば月音や捺菜のおっぱいムニュっと感が
イベントCGなら見れたかもしれないのに(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。