きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼風のメルト(4)

今日はインテックス大阪で開催のこみっくトレジャーに行って来ました。
ここ数回は7時ごろに列に並んで壁サークルをチェック(それでも数箇所だけですが)していたのですが
本日分の『メルト』レビュー感想を書くためにその時間をプレイに費やし(笑)、
今日は一般入場開始後に会場入り。
当然大手の限定品や新刊は一切買えなかったのですが(そこまで欲しくも無かったですし)
自分が欲しいところの本はある程度確保できたので久々にのんびり出来ました。
しかし列がさばけていたので寄ってみた『魔法探偵社』で藤原々々氏の本が買えたのは想定外。
帰ってきて読むまで気づいておらず、『これどこで買ったっけ?』と悩むこと数分(笑)

さて今日は『絆語り』月音編の内容と感想いきたいと思います。
開始直後にいきなり月音の過去話が始まったので
最初は「過去編か~」と気軽に読んでいたのですが。

月音とショコラの食い倒れ珍道中(笑)
村の伝統である、1年に1度開花する花を見に行くために故郷の村目指して旅していた月音は
浦島太郎のごとく子供にいじめられていたショコラを助け、
二人の大食い珍道中(命名・彰人)が始まることに。
本編では語られていなかったのですがこの時代の月音はかなり大食いだった模様(笑)

月音に迫る魔物
ところが故郷で待っていたのはまるで戦に巻き込まれたかのような惨状となっていた村。
一縷の望みをかけて件の『花』の場所に向かうも、そこにも大事な人たちの姿は無く、
代わりに謎の魔物(?)に襲われることに。
どうやら彼女の目的は例の花だったようなのですが
いかんせん情報が少なすぎて現時点ではなにがなんだかさっぱりですな(意外と意味無かったりしてw)
ともあれここでショコラが能力を全開、月音は現代へと飛ばされることになったのでした。
余談。月音がショコラの名前を付けるときに他にババロアなどの候補を挙げるのですが
その辺の時代考証に本気でツッコミを入れるような人間はもうエロゲやるべきじゃないと思います(笑)

過去を変えるために
月音の過去を聞いた彰人は
『過去に戻って村を救うことはできないか?』と提案します。
しかし過去の改変によって今の幸せが壊れることを恐れる月音はこれを一度は拒否。
悩んだ末に一人で過去へ行くことを決意するのですが、しっかり月音にはバレてましたよw
あくまで月音が現代へ来るという状況の維持やタイムパラドックスを極力起こさないために
いろいろ知恵を絞る主人公のシーンはなんか新鮮でした。
結局月音と一緒に過去に行くことになるんですが、懸念していた『過去の月音との鉢合わせ』は無い模様。
都合よく同時代に2人の存在はなくなるようですが、細かく突っ込むとこの時点でパラドクス発生してますよなぁw
(というより矛盾を発生させない方が無理)

空気が読めるショコラ
大幅に旅の日程を短縮し、月音の故郷へやってきた二人。
彰人を神官に変装させてお告げという形で村人の避難を促しますが、
人生経験豊富な村長さんにはあっさり見破られちゃいましたよw
村長さん自体は出来た人で何か事情があることを悟ってくれるのですが、
村人を避難させるにはそれなりの説得力が必要。
ここでショコラの出番となり、神官としての説得に成功します。

ここにいる理由
月音の記憶どおり、村と花を破壊して去っていった魔物。
魔物の目的は最初からこの花だったのでは、という月音の推測が気になるところですね。
(いや、他ルートでこの『魔物』が出てくることが前提ですが)
そしてこの事態を予測して、未来から花の種を持ってきていた月音グッジョブ。
開発から森を守る切り札になる花が消える、という悪い方向への過去改変は防げるのですが…
現代に戻った二人を待っていたのは、整備された公園咲き誇る多数の花。
『月音草』と命名されたその花のおかげで森は保護され、未来は明るい方向に変わっていたのでした。

個人的にはタイムパラドクスに関してはマイナスの影響が大きいのが基本と思っていますし、
実際書かれていないだけでそういう面もあったのでしょうが、
それ以上にツッコミは無粋と考えているのでこの辺には触れないことにします(笑)
月音の託した希望を、彼女の期待以上の形で叶えてくれた村人たち。
こういう『受け継がれる想い』的な形が書かれている話は好きですね。
さて次回ですが羽衣ルートを予定。
優衣とインフェルという分かりやすい題材が揃っているので大体どんな話になるか予想できそうです。


<おまけ>
では月音先輩の胸の二つの立派なおまんじゅうも(バキッ)
本日のこもわt(略)
なにも言わずに存分に和め、と言わんばかりの絵。

<おまけ2>
間違った優秀さの使い方(笑)
エロみくじの託宣に備えて
四十八手全てを覚えた月音さんw
どうやら実践したくてうずうずしている模様。
Tipsの最終ページに後日談が追加されていたのですが、
留年して彰人と同じ学年になるために本誌・追試で解答欄を一つずつずらそうとし、
慌てて止めた彰人を自分と同じ大学に入れるべく個人指導という状況に持っていくなど、
最後の最後にブラックなオチを残してくれました(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CV的に

大食い珍道中っぽく、掛け合わせたほうがいい感じですね。

77のような本音全開マスコットキャラは良かったのですが、
今回は、精霊がそこまでキャラを立ててこないところが残念な中で、
ショコラ@大食い珍道中は多少なりともコメディを見せたところが印象に残ったのかもしれません。

二律背反

> 77のような本音全開マスコットキャラは良かったのですが、
> 今回は、精霊がそこまでキャラを立ててこないところが残念な中で、
ポコさんはゆーいちも好きなのですが
人気に反して『出張り過ぎ』的な意見も多かったようで、
精霊の神秘性とあわせて今回は地味、というか無感情的に表現したのかもしれないですね。

> ショコラ@大食い珍道中は多少なりともコメディを見せたところが印象に残ったのかもしれません。
他の精霊が懐く涼から距離を取りたがったり
託された願いと関係の無い食欲に走ったりと
確かに精霊の中では一番個性が出ていましたね。
メインヒロイン関連の好きな精霊ランクは
ショコラ>ごまちゃん>とろゾー>ボンタ>インフェル
といった感じになります。
まだ涼ルート終わってないんでとろゾーの順位は暫定ですがw
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。