きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のコミックアライブ

先日コンプエースを買いに行った際、行きつけの本屋にアライブが置いていなかったので
少々困ったのですが、今日は置いてありました。
一瞬入荷停止かと焦ったのですがたまたま棚から消えていただけのようですね。

月刊 comic alive (コミックアライブ) 2010年 10月号 [雑誌]月刊 comic alive (コミックアライブ) 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/08/27)
不明

商品詳細を見る

ということで今日はコミックアライブ2010年10月号の感想を。
このご時勢にポスターもついて『定価』500円と良心的なお値段の唯一の雑誌。
(他誌は『特別』定価多すぎだっつーの…)
表紙はゼロ魔&烈風騎士姫。この組み合わせを見るとアニメ化まで狙ってそうですね。
付録のミニ小説はサイトとルイズが過去の世界でカリンと出会う話でしたが
ページ数の少なさと設定のせいか、かなり無理にネタをくっつけた感じがなんとも言えず(^^;
なのはの都築先生とゼロ魔のヤマグチ先生の対談が載っていましたが…
この企画ホントに緋賀ゆかり繋がり以外なんにもなかったんですなw
まぁ貴重な組み合わせなんでそれなりに面白かったですが、
ポスター含めてそのためだけにわざわざ購入するほどでもないかなという印象です。

『ゼロの使い魔 シュヴァリエ』
ルイズ労働の厳しさを知るの巻。
まぁ半風俗みたいなとこにいきなり放り込む方(主に作者)も問題だと思いますが
自分を偽って客にコビ売るルイズは見ててもつまらんなぁと改めて思いました。

『まよチキ!』
今月は2本立て。ドSお嬢・奏降臨&スバルと同棲開始。
はたまた妹にデートを見られてホモカップル扱いされたり。
鎖で拘束やら同棲のお約束のお風呂でばったりやらいろいろとエロイベントが豊富なのに
スバルや奏のキャラ付けのせいで全然萌えない(^^;
原作読んだときもこんな感じだったんで、多分作者と相性悪いんでしょうな。
あと正式(?)タイトル『迷える執事とチキンな俺』が公開されていましたね。

『機巧少女は傷つかない』
声をかけられて赤面するシャルと嫉妬の炎を燃やしている(?)夜々がかわいいですなw
どうやら雷信の目標らしい、圧倒的な実力を持つ男・マグナスや
夜会の参加資格をエサに取引を仕掛けてくる風紀委員のフェリクスなど
だんだんと人間関係がややこしくなってきましたよ。
今月のるろお先生劇場はフェリクス×雷信に萌えるドラゴンゾンビ腐女子と化したシャルでしたww

『世紀末オカルト学院』
転んで太もも露出したり大胆なシャワーシーンがあったりマヤがエロすぎる回(笑)
とはいえ今月のメインはUMA(蛾人間?)に2回もウ○コまみれにされて
恋愛チャンスをつぶされた文明怒りの大侵攻ですけどね。

『断裁分離のクライムエッジ』
キレイな法子フイタww
祝の純真さに冷徹の仮面を脱ぎ捨てざるを得なくなり法子陥落。
避けていた病子との距離も縮まりメデタシなのですが
互いに微笑みながら注射器をブスブスやってるラストのコマがこの作品独特すぎてシュールw

『らのべのへん!』
『かのこん』作画によるエロ漫画(違)
入院したので代わりに弟に作家に会いに行かせる編集者の兄とか、
下着に着ぐるみで喫茶店に打ち合わせに来る女の子(作家)とか
挿絵の作家が(おそらく)道でぶつかってパンツ丸出しイベントの転校生の女の子とか、
何このストーリーがエロイベントのために設定されてるような漫画(笑)

『緋弾のアリア』
キンジ、追いかけてきたはいいが先に投げ出しておいて都合いい時だけ武偵憲章とか語んなやw
原作からしてこの都合によって主張をコロコロ変える辺りが
主人公(ヒロインもだけど)好きになれないんだよなぁ
さて、ついに飛行機の中と言う密室空間で、アリアを殺すべく武偵殺し降臨。
原作読んだときから思ってたけど直前まで一緒にいた○○が先回りして、
変装して乗り込んだ上にイロイロ仕掛けてあるってのはどう考えても時間的に無理がある(--;

『オトコを見せてよ倉田くん!』
プレ連載。いきなり『はいてない』表紙からエロコメであることがよく分かりますw
原作もそうなんですがこの作品ほど『タイトルに偽り有り』な例はめったに見ない、
そんなダメな主人公が二股(どころじゃなくなるんですがコレが)かける話です。

『この中に一人、妹がいる!』
発売されたばかりのMF文庫からまさかの番外編。
まぁ本編とはほとんど関係が無い(ハズ)絵師宣伝漫画、と言っても良いんですが
コミックでも充分いけるレベルですね。
ところでこのラノベのコンセプトについてなんですが、
攻略ヒロインの中に妹が居ることのどこに問題が?(笑)

『STEINS;GATE』
ついにタイムリープ装置の完成(理論だけ)に辿り着いた岡部たち。
ブラックホールとか横文字使えばなんでも出来ることになってる現状に
激しくツッコミたいんですがしちゃいけないポイントでしょうなw
余談ですが今回クリスの出番が多かったせいか何コマか異常にデッサン狂ってるのが気になりました。
岡部とかならどうでもいいんですけどねw

『聖剣の刀鍛冶』
絶体絶命の状況でもあきらめないセシリーに戦う決意をするリサ。
まさかリサが刀を振るうシーンがあるとは思わなかったですよ。
初めて不満をぶつけるリサとひたすら謝り倒しなルークがなんかどっちもカワイイw

『朝まで授業Chu!』
…痴女だらけ(汗)

『アイリス・ゼロ』
好きになった相手の裏切りに絶望し全てのアイリスの消失を望んだ久賀。
彼女がどうやってアイリスを消しているのか分かりませんが
徐々にアイリス狩りの被害は広がっていく一方。
そして最大の障害を透と感じた久賀の思惑を知ってか知らずか、
時田の計略によりアイリス狩りの犯人に仕立て上げられた透。
小雪を守るどころか自身が絶対的な危機に落とされた状況で、逆転の術はあるのか次号以降も必見です。
こういう状況、首謀者の時田以上に乗せられるモブキャラたちがウザイですよな。

『祝福のカンパネラ バルツァーレ!トルティア姉妹』
まさかのトルティア姉妹END
しかもレスターからの告白は完璧に想定外だった!
いや漫画のタイトルがタイトルだけにあってもおかしくはないんですが。
最初から最後までトコトン存在を忘れられているニックが哀れ…(TT)

『僕は友達が少ない』(番外編)
小鷹を待つ夜空と星奈が、何の脈絡もなくどつきあいに。
ゴメン訳が分からなすぎる状況にコメントしようが無い(^^;

『IS』
初期設定からファーストシフトへと正式に『一夏専用の機体』になった白式。
今までとは段違いの性能でセシリアのバリアを破るもエネルギー切れで一夏の負け(笑)
原作の感想でも書いた気がしますが
武装からエネルギーからトコトンまで刀一本に集中させた『白式』は確かに使い勝手が悪すぎますな。
さて漫画ならではの感想というと微妙なツンデレ箒と
数ページに渡ってエロいシャワーシーンを披露してくれるセシリアに(*´д`*)ハァハァ。
そして早速箒とセシリアに挟まれ受難な一夏ガンバレ。原作一巻の内容だけで鬼神はもう一匹増えるんだぞw

『けんぷファー』
ケンプファーの戦いはよその世界の代理戦争。…はいいとして(良くないが)
戦うのが女性の仕事なら最初からナツルを選ぶんじゃねぇよ(^^;

『リバース』
女の戦いはテイカー成り立てとは言えボクシング経験者の夏日有利。
綾香はファントム・スキルを発動させるも能力は謎のまま、予想通り弟の割り込みで戦いは中断。
さてそんな進歩の無いやり取りをしている主人公らを
『絶対に裏切れない仕組み』を持つ『ギルド』に誘うテイカーが出現、
大型天使とそのギルドの戦いを見学することに。
今まで散々ヘタレっぷりしか披露してこなかった弟ですが
今月号では珍しくちょっと考えだしたなぁと思わせるシーンが多かったですな。

『ガスマスクガール』
力の代償=寿命という事実を知り、
これまで無邪気に『正義の味方』を応援してきた自分に愕然となるワッタ君。
さてそんな主人公サイドの事情に関係なく袋人間が大量出現し、
さらに袋人間に吸収された天野さんまで再登場ですがどう見ても敵の罠な気がしますな…

『えむえむっ!』
夏祭り編。
新キャラ・由美の間宮流マッサージに悶絶させられるレギュラーメンバー(笑)
太郎が嵐子にふさわしくないと言い切り、ラストで嵐子の転校(?)を告げる由美ですが
なんでお前が仕切ってんの?w
余談。史上通販の美緒様が結構可愛くて
4000円ならポチッてもいいかなと思うゆーいち落ち着け目を覚ませw

『神太刀女』
奇怪な動きの鉄色に翻弄される琢磨たち。
未熟ながらも山之辺を守ろうとする琢磨に敵の興が冷めて見逃してもらう形で未決着。
アズラガと鉄色の性能差があるとはいえ
琢磨戦でのダメージが無ければ山之辺だけでも良い勝負だった気もしますが。
殺そうとした相手でも守る琢磨の甘さを指摘しながらも、その覚悟を認めてくれた山之辺。
これで修輔に続いて確実に信頼できる仲間が増えたのでちょっと安心ですね。

『絶対☆魔王』
リュアナが預かっていた本来の魔王の力の返却、それがデモニック・チューター。
そしてその発動条件はエロスと羞恥。
なんだ、前回の予想であってたんじゃないか(笑)

『コンビニロボット ぽぷりちゃん』
ぽぷりちゃんのスク水は鉄板だな!(*´д`*)ハァハァ
店内水着DAYという神設定降臨(笑)
OTOKOが来たことでフキツちゃん側も仕えるネタが増えてきた感じで
ページ占有率があがっていましたな。
魅惑のM字開きゃ(←ゴスッ)
その分今月はエロスが少なめでさびしいので貴重なカットを一枚ペタリ(笑)

『コープスパーティー:娘』
どこまでやれるのかと思ってたら1話にしていきなりグロシーン(幻視?)ありとわ(^-^;

『あそびにいくヨ!』
女騎士二人、戦場へ!…って12ページしかねぇ短っ!(^^;

『タブー・タトゥー』
まさかのトーコ参戦、シュレーディンガーの呪文の力を意思で奪って一時は押し倒す展開に。
その間に回復した正義がついにシュレーディンガーを撃破。
そこへ親玉である王女が登場し、いきなり正義にKISS。
対極的な意味で時が凍ったトーコ&シュレーディンガーのコマが面白かったですな。
ところでイジーはどうなった(^^;

『イエローゲート!』
ネズミーランドでお嬢とデート!…が、きっちり尾行者が(笑)
そして光圀の命を狙う黒幕・徳川義宗(女)登場。彼女も二重人格者っぽいですが…?

『Oz』
悲劇は心を知らない『魔女』が恋をした事から始まった-
というわけで現在絶賛テロ活動中の沖南とGAIAの管理人・マグノリアの悲恋エピソード。
『お金が欲しい』という彼の望みを叶えるためだけに世界征服を実行した彼女を撃った沖南。
そして彼は魔女から『ティンマン』のOzカードを…
なんというか、ほんの少し運命が変わっていればと願わずに居られない話でしたな。

『まりあ†ほりっく』
何事も過度はいけない…ということでマヨネーズにはまったかなこが巨デブ化する話。
…ほんとヒロインに容赦ねぇなこの漫画(汗)

『ディーふらぐ!』
せっかくのデートなのにその日は新作ゲームの発売日。
普通はデートを延期するのになぜか一緒に開店前行列に並ばせる高尾さんがアホ可愛い。
列の先頭に並んでいた部長と風間の会話に耐え切れなくて逃げ出してしまう高尾さんですが、
追ってきた風間の手にはなぜか新作ゲームが。
彼女を追いかけさせるために先を譲ったレトロゲーム愛好家たちの優しさが泣けますなw

こんなところで。
次号表紙はアニメ放映直前の『えむえむっ!』
そろそろ公式サイトのチェックも入れておかないといけませんな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>『オトコを見せてよ倉田くん!』
>原作もそうなんですがこの作品ほど『タイトルに偽り有り』な例はめったに見ない、
『タイトルに偽り有り』ですとぉ? 「スクールデイズ」に敵うもの無しっ!?(あんな主人公がモテル訳ねぇっ!!!)

>攻略ヒロインの中に妹が居ることのどこに問題が?(笑)
現実世界では、あっちゃならない事ですが。
俺たちの世界(二次元)では普通じゃあああああああああああああああああああああああああああ。

>『聖剣の刀鍛冶』
前作のファイアーエムブレム原作が好きすぎて、中々嵌れないというw

>『朝まで授業Chu!』
>…痴女だらけ(汗)
こういうのが一作品ぐらいあってもイイヨネ♪ ネ?

>『僕は友達が少ない』
好みのキャラなのに、恐ろしい漫画だ。……凹むの覚悟で原作小説に突撃してしまいそうっ。

>『けんぷファー』
>戦うのが女性の仕事なら最初からナツルを選ぶんじゃねぇよ(^^;
築地俊彦さんシナリオに疑問を持つのは、無意味です! ただ不機嫌になる結果にしか終わらない?
とにかく。ラブコメを感じるんDAZEっ! ラブコメ万歳! ラブコメ万歳! ラブコメ万歳! ラブコメ万歳!

>『えむえむっ!』
ラブコメ分補給。
コミック版に釣られて、原作を一気読みしてしまったのは良い思い出w

>『神太刀女』
ええーいっ、「無名」ラブコメ分を補給したいぞおお。(しつこい)

>『コンビニロボット ぽぷりちゃん』
やっぱり、ゆーいちさんの一押し漫画はコレですねw

>何事も過度はいけない…ということでマヨネーズにはまったかなこが巨デブ化する話。
この作者。『破天荒遊戯』はシリアスストーリーに付いていけなくて見るのを止めてしまったんですけど。
『まりあ†ほりっく』は、ギャグストーリーなのに、なかなか付いていけなくて。まだ、追いつこうと頑張っているんですけどね。
……いつか、「かなこ」と「まりあ」のラブコメ分が充実することを信じてっ(ねぇよっ!(TT))

一応『スクイズ』は学校生活なんでw

『偽り』とは言いがたい所。
まぁ初めて情報が公開されたときはあんなウザイ主人公だとは思わなかったんですけどなー
(うっかり買いそうになったし)

> 俺たちの世界(二次元)では普通じゃあああああああああああああああああああああああああああ。
むしろ攻略できないことに暴れだす輩が居るのが日常(笑)

> >『聖剣の刀鍛冶』
> 前作のファイアーエムブレム原作が好きすぎて、中々嵌れないというw
今の作画、構成からして、『聖剣』初期とFEを読んでなかったことがつくづく悔やまれます。

> >…痴女だらけ(汗)
> こういうのが一作品ぐらいあってもイイヨネ♪ ネ?
自分で脱いでおいて主人公のせいにする無自覚痴女がサイアクなのですorz

> >『僕は友達が少ない』
> 好みのキャラなのに、恐ろしい漫画だ。……凹むの覚悟で原作小説に突撃してしまいそうっ。
今月号は本気で意味不明でした!
…いや、今までも意味があったとは言いがたい内容の作品なんですがw

> 築地俊彦さんシナリオに疑問を持つのは、無意味です! 
『ヒロインへのイヤガラセじゃねぇの?』としか思えないレベルの鈍さの主人公にはもう飽きました。
最近はラノベでも『築地俊彦』の名前だけで余裕で回避(笑)

> >『えむえむっ!』
> ラブコメ分補給。
この作品でこんなにラブコメ分が補完できるとは思わなかったw
当初はこの作品こそ主人公にイラっと来る系だと思っていたんですが…

> >『神太刀女』
> ええーいっ、「無名」ラブコメ分を補給したいぞおお。(しつこい)
当面バトル+(双ツ神の)陰謀メインっぽそうなんで
ラブコメ分なさそうですorz

> >『コンビニロボット ぽぷりちゃん』
> やっぱり、ゆーいちさんの一押し漫画はコレですねw
単行本が(ほぼ)確定になったようで嬉しい限り。

> ……いつか、「かなこ」と「まりあ」のラブコメ分が充実することを信じてっ(ねぇよっ!(TT))
ラブコメどころか、もはやヒロイン扱いされてない…(TT)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。