きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(先月と)今月の富士見ファンタジア文庫

ただいま絶賛積み文庫中…ゲーム・アニメに続いてとうとうライトノベルまで(^^;
まぁあれこれと中途半端に手を出したり忙しいのも原因の一端なんですが、
『売れているから』『今まで買ってきたから』と惰性で買っている作品が増えてきたのも事実です。
そういう作品はイラストだけパラパラ~っと見て終わってしまうことも多いのでは、と考えたので
先月末~今月はちょっと表紙買いを自粛しています。
本日17日は連休の都合もあってGA・ガガガ・富士見・一迅社と発売日が重なってしまったのですが
適当に選んでいたら見事に各文庫一冊ずつでなんか笑ってしまいましたよ。

さて本日は久しぶりと言うか個別扱いはこのブログ初、の富士見ファンタジア文庫の感想をば。
今月はフルメタが売れそうですがスルーして(後編の評価まで出てから購入検討予定)『D×D』のみ。
先月は多目なので合わせて
『漂う書庫のヴェルテ・テラ』3巻
『テツワンレイダー』3巻
『蒼穹のカルマ』5巻
『だから僕は、Hが出来ない』1巻
『ハイスクールD×D』7巻

などなどの感想をまったりさっぱりしゃっきりと。


漂う書庫のヴェルテ・テラ3 (富士見ファンタジア文庫)漂う書庫のヴェルテ・テラ3 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
川口 士

商品詳細を見る

エロ原画家だけあってカラー見開きのリシェルとラフィのシャワーシーンがエロいエロい。
てか乳首と股間を少しでも隠せばOKとか思ってないかコレ…嬉しいけどw
3巻では話が大きく動き、ジグウォルが聖堂の大ボス・パラゼンダルにいきなり挑みます。
まぁ実力・知識・判断力全てにおいて文字通り大人と子供のようなレベルの差に圧倒され捕まってしまうのですが。
1巻、2巻で見せた力と直前の実力者2人を蹴散らせたジグでさえあっさり。
聖堂が『五賢七書』を敵視し悪書を集めて燃やす本当の理由は『神殺し』の情報を完璧に抹消するため。
これはラスボスが神(という名前のナニカ)の伏線になるんでしょうか?
この状況下でまだジグを部下にしたいと本気で考える器があったり、ジグを助けに来たレジィナとすらガチバトルできたり、
主人公がこのおっさんに勝てる気が全くしないんですけど…(^^;
聖堂と敵対してしまったためにジグが旅に出ることになってしまったので
ただでさえ少なかったお気に入りのリシェルやアンジェリナとの絡みが無くなってしまうのが非常に残念です…


テツワンレイダー3 (富士見ファンタジア文庫)テツワンレイダー3 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
大楽 絢太

商品詳細を見る

実はこの世界がループ物という、ファンタジーじゃなくてSFだったオチ。
現在の世界は<委員会>という神さま的存在によっていじくりまわされた8周目の世界。
<委員会>を倒し、7週目の幸せな世界に戻そうという、《セブンス》に誘われる一行ですが、
ライエルが迷うグレンを裏切り者扱いする態度がエラそうでなんだかなー。
確かにグレンたちここにいるメンバーは7週目の方が幸せな人生を遅れるのですが
じゃあ7週目で不幸を背負わされた人間はどうでもいいのか? 
自分を優先させるのは自然としてもそのことについて迷うことすら悪いのか?みたいなw
しかもラストは実はヤンデレだったメグが全ての人間を消して自分とグレンだけの『9週目』を構築とか何このウザイ展開。
グレンもグレンで状況に流されてオロオロするだけでなんでコイツが主人公なんだよ、みたいな…
主人公とヒロインと世界観を最悪のパターンで組み合わせちゃった感じで、久々に読んで最悪の気分になった作品でした(--;


だから僕は、Hができない。  死神と人生保障 (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。 死神と人生保障 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
橘 ぱん

商品詳細を見る

いきなり裸Yシャツの美少女の股間に顔をうずめるとか何このエロゲっぽい設定、と思ったらエロゲの人でした納得(笑)
主人公は選ばれた人間どころか霊力は凡人以下で
死神・リサラが存在するための『その場しのぎ』的に供給源にされちゃったただのスケベ。
『霊力を吸われるとスケベ心が一時的になくなる』『Hなことで興奮すると異常に霊力が回復する』
この2つのうまい設定のおかげでエロイベントを多数起こしつつもギリギリ寸止めが出来る少年誌的エロラブコメが期待できそうです。
まあ『D×D』がヒットしたおかげでスケベ主人公でもいける!と書きやすくなったこともあるのではと思いますが。
さて本筋ですが跡継ぎを狙う従姉妹・キュールの罠にはまり、凡人と本契約させられそうになるリサラ。
なんとか気づいてバトルになるものの、人間の命を無視して無尽蔵に力を振るうキュールに、
霊力の尽きたリサラはすっぽんぽんに(コスチュームも霊力で出来ているため)。
この神設定(笑)は今後もぜひ採用してもらうとして、ともあれエロバロメーターMAX越えの主人公が神剣グラムを覚醒させて大逆転。
『エロがきっかけで超ぱわー』ってとこもなんか『D×D』とかぶりますね(^^;
キュールがリタイヤではなく飼い犬のカエサル(注:主人公より霊力・モテ度高めw)と契約させられちゃったのは
おっぱい要員の確保なのか、シナリオ的な伏線なのか…


蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
橘 公司

商品詳細を見る

『キャンキャンキャンディ☆ロリぽっぷん! みるきータッチで、スウィートちぇ~んじ!』
上の台詞を高らかに叫ぶ、空獣(エア)と戦う歴戦の勇者・駆真さん17歳。どーしてこーなった(笑)
ドラマガの短編ぐらいしか読んだことが無かったので
『レギオス』みたいなシリアスな話(ただし駆真は真性のシスコン)だと思っていたのですが本編もこんなノリなのかw
まず駆真と在紗の精神入れ替わりで外側と中身のギャップが激しい二人に(*´д`*)ハァハァしてたら
駆真として戦わされそうになった在紗を助けるために神様姉妹が駆真(の体)をロリ化、そして1行目へ(笑)
魔法少女(神)の力を振るうにはいかにもな台詞とこびこびポーズをとらなければ効果が発揮されない、という
神器ヴェクサシオン(=嫌がらせ)のせいで最初は嫌がりつつも段々ノリノリになっていく駆真に萌え。
馬鹿げた設定が乱れ飛びますが話自体は結構深刻で空獣の女王の娘だった在紗が空獣を呼び寄せるため、
連れ出しに来た母親・冬香と駆真のガチンコバトルです。
(元)騎士であり、勇者であり、魔王であり、魔人の主であり、神でもある(なんつう設定だ…)。
その全てを駆使して在紗を護る!と啖呵を切る駆真がかっこいいですよ。
あと今回(も?)イラストの指定が神過ぎです。
キャンディカルマのみならず変身シーン(裸♪)、おしとやか駆真(中身が在紗)、ロリ駆真、
駆真が在紗を抱きしめるシーン、在紗のツバサで空を翔けるシーン(見開き)などなど。
ラストで未来の在紗が出てきちゃったので次刊もま~た超展開で始まりそうですな(^^;


ハイスクールD×D7  放課後のラグナロク (富士見ファンタジア文庫)ハイスクールD×D7 放課後のラグナロク (富士見ファンタジア文庫)
(2010/07/17)
石踏 一榮

商品詳細を見る

おっぱいドラゴン魔界で大人気。
イッセーはともかくリアスまで『スイッチ姫』(胸部にあるつついてパワーアップするスイッチのことらしい)として
魔界全体で広まっている、というかグレモリー家が率先して広めているのはいいのか名門貴族(^^;
というか乳龍帝とまで呼ばれるようになったドライグとライバルの現状にガックリのアルビオンがガチ泣きで可哀想すぐるww
イッセーも火事場のクソ力だけでなく普通に赤龍帝の力を使いこなせるようになってきたり、
木場とバトル議論を出来るぐらいになっていたりと成長が目覚しいのですが
敵の強さのインフレ度はそれ以上に留まることを知らず、
今回の敵・ロキは神その物の天敵であるフェンリルなどまで量産してきて
ヴァーリとの共闘というワクワク展開だったはずなのに全然安心できないバトルですよ。
それにしてもヴァーリはどんどんいい漢になってきています。
当初はイッセーと決着をつけるためなら非道な手もとるタイプのキャラだと思っていたのに
「いずれレーティングゲームみたいなことが出来たらおもしろいな」とかテロリストのくせに何そのガチ友情w
そして今回も『やっちゃった』石踏先生。朱乃を庇って父親が倒れたという緊張の状況で、
パイリンガルによっておっぱいの精霊を呼び出し乳神様のパワーでロキを倒すおっぱいドラゴン(笑)
もちろんエロスも十二分に健在で朱乃がガチで行為を迫ってきたり、小猫ちゃんが房中術を提案してきたり、
リアスがベッドでおっぱい触らせてくれたりと、ああイッセー殴りたいw(羨)
あと個人的にはリアス最後の眷属となったドジっ娘元ヴァルキリー・ロスヴァイゼが気になりますね。
若干リアスに(金銭的な意味でw)騙された感がある彼女がどんなエロい目にあわされるかと思うとニヤニヤが←そっちの意味かよ


うーむ、さくっと流す感想の予定が…
夕飯も食わずに気がついたら夜中とか、久しぶりにラノベを読み込んじゃいました(^^;
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。