きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天の光は恋の星(14)

今日は会社の方で退社する人、入社した人の歓送迎会があったのですが
しょーじき中華はもう飽きた(^^;
飲めない身なので飲み屋に連れて行かれるよりはマシなんですが
隣から漂ってくる酒気だけで微妙に酔っ払ってしまうゆーいちです。

さて本日は先輩のおっぱいを攻略…じゃなかった若葉ルート最終話『起こること、できること』の感想です。
イマイチ話の内容と一致してなかった気もしますけど、こういう韻を踏んだタイトル付けには妙に心が動きますね。

地球の危機の情報を手に校舎に戻ってきた光彦たち。
混乱を避けるため情報公開はしないほうがいいのでは?という意見も出るのですが、
若葉は皆に嘘をつきたくないとあえて全てを話し、自分らを信じてほしいと訴えるのですが
ついでに光彦占有宣言?w
どー見ても本命は光彦LOVEの発表ですありがとーございあしたっ!(笑)
前回感想で期待していたほどイチャラブしているシーン自体はなかったのですが
若さまってばこのようにシリアスな場面で不意打ちかけてくるので油断が出来ませんよ。

当面の目標は地上までのルート確保のち、全員の地上への脱出。
落っこちてくる箱舟は今地中にある箱舟を目標にしているので、
落下の瞬間若葉の空間ごと消去する爆弾で消しちゃいましょうということになりました。
里桜のドリル・桃花のロボット&頭脳に続いて今回もヒロインの特技を活かした解決法なんですが
理屈とかはツッコンだら負けなんだろーな…(汗)
空間ごと消去、というと古くはリープ・レールガン(ロス○・ユニバース)。
マイナーどころではアライブのヴォイド・メーカー(タ○ー・タトゥー)あたりを思い出しちゃいますが。

里桜「ちょっ! 近っ! なんでやねん!」
とりあえず地上への道を開くぜ!ということで箱舟の奥へ進む一行。
若葉ルート最終MAPは基本一直線なものの、多数ある扉を開くためにわき道の奥まで行かないといけないのが面倒(><)
そして待ち受けるラスボス・ビッグフォートレス。桃花ルートに次いでラスボスっぽいデザインですが
ここまで武器を鍛えてきた一行の敵じゃないのでサクっと勝利。
脱出経路を確保し、校舎の皆を地上へ連れ出すところまでは順調に進みます。

全てを込めて、護る…!
一般生徒を恋星たちに任せ、爆破担当の若葉とその護衛の光彦は二人で再び箱舟へ。
若葉が妙に『作戦開始までイチャイチャ~』を強調していたので
バトルコスチュームでのHがあるかと思ってたらそんな不真面目な展開はさすがにありませんでしたチクショーw
箱舟が地上に激突し空間消去爆弾が作動する瞬間、光彦は全力で防壁を張って自分と若葉を護るのですが、
よく考えたら空間ごと抉り取られるんなら防壁の強度関係無くね?(笑)
ついでに言うと、これだけのモノ作れる技術がありながら時限式に出来ないって設定も苦しい気が…

奇跡の帰還
クライマックスを乗り越えた後のパンツ…じゃなかったお姫様抱っこは王道ですがやはりイイ。
こうして今回も強引に地球の危機を救ったスターナイツでしたが、
光彦の(若葉の親との)戦いはこれからも続く!END。
なんというか、策士に惚れられるといろんな意味で大変だなぁと改めて実感したエンディングでした(笑)

次回は予定通り恋星ルート共通パートの感想です。
月末までにもう1作ぐらいはプレイできそうなので選択中。
『あまつみそらに!』『きゃん☆フェス!』、あるいは7月発売作品の体験版を候補として考えています。


<おまけ>
やはりブルマは紺が良い。赤も悪くないが。
運動したら心臓の動悸が激しくて胸を押さえてしまい、汗拭き用のタオルが落ちて押さえようとして失敗した若葉の図。
うん、どこもやましくないな(キリッ)
まーこの後言い訳できないシーンに突入するわけですがw

<おまけ2>
なんて空気の読めない主人公(--;
若葉も罪悪感を覚える光彦のニブさ。
里桜(桃花も?)、哀れ…(TT)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>先輩のおっぱいを攻略

>先輩のおっぱいを攻略
ハッハッハ、目を疑っちゃったじゃないですかああああああああああ。(しつこい)

>若葉も罪悪感を覚える光彦のニブさ。
俺たちのガラスハートに気を使っているんですよ。
むしろニブくないと、もし俺たちが当事者でニブくなかったら、選ばなかった方に、もの凄く罪悪を感じますって!?
……「君が望む永遠」はキツカッタ(何か違う)

補足

みんなカワイイから、選ぶなんてできないんじゃああああああああああああああ

補足

みんなカワイイから、選ぶなんてできなあああああああああああああい

> むしろニブくないと、もし俺たちが当事者でニブくなかったら、選ばなかった方に、もの凄く罪悪を感じますって!?
なるほど、自分を主人公に重ねてみるとそういう面もありますね~
最近は第三者視点でばっかりプレイしているから気がつきませんでしたが。

>補足
大事なことなので2回ですね分かります(笑)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。