きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!
『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のコンプエース

先週から今週にかけては久しぶりに『遊べる』エロゲ、
『天の光は恋の星』と『空を仰ぎて雲たかく』体験版にがっつりハマって
コミックやラノベが積みっぱなし状態です。

コンプエース 2010年 08月号 [雑誌]コンプエース 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/06/26)
不明

商品詳細を見る

そんなこんなで遅れましたが本日はコンプエース2010年8月号の感想をば。
表紙はストライクウィッチーズ…なのに、今月はお休み(TT)。
付録はなのは下敷きとクドのクリアファイル…は良いとして
顔とも言える表紙と付録が漫画家絵じゃないことが多いってのは『コミック誌』としてどーなんだろーとふと思ってみたり。


『アマガミ』
アニメ開始にあわせた新連載ですね。うぬぅ、アニメ前には一度プレイしておこうと思ってたのに…
エンターブレイン系とかぶっていない(?)美也&梨穂子メインで行くんでしょうか。(ゆーいちは詞派)
主人公のナチュラルな変態っぷりを忠実に再現しているのがいい感じです。
商業漫画に慣れていないとのことでまだ描き方を模索しているようですが
エロゲの原画家だけあって画力はある方なので今後期待できそうですね。

『魔法少女リリカルなのはViVid』
ヴィヴィオもそうですがアインハルトも魔王なのはさんクラスとそこそこ戦えてるってのがどーにも違和感が…
バインドすら断ち切る『アンチェイン・ナックル』を習得したアインハルト。
ギンガやスバルの母の得意技だったようで、こういう『受け継がれるもの』が描かれてこそ
『なのは』は元より『とらハ』の後継だと思うんですよね。
青組が2on1作戦で現状有利っぽいですが
ティアナとなのはが両方スターライトブレイカーを狙っているようで次回いよいよ決着か?
個人的に、ティアナの弾丸がなのはさんをポコンと小突いたコマがツボでしたww

『プリズマイリヤ2Wei!』
今月は外伝、ツボの借金を返すためにメイドとして働く凛の話。
相変わらず士朗の天然ジゴロっぷりがイラっと来ますなw

『はとがいる』
毎号シュールすぎて動物虐待にしか見えん…(^^;

『東京皇帝☆北条恋歌』
新連載。皇帝制度がある架空日本が舞台で、皇帝である恋歌とその側近が普通の学校にやってくる『VIP来襲モノ』のようです。
上記の設定に加え何の脈絡も無くモテまくる主人公とあまり好きでない要素がメインの作品なのでスルーかな…
とりあえず今月はキャラ紹介。画風は内容とあってると思います。

『真・恋姫†無双』
これも今月は外伝。
エロ小説音読で鼻血ふいちゃう朱里かわいい♪(なぜ読めないのに買った?w)

『リトルバスターズ!Ex ワンダービットワンダリング』
クドわふたーに負けじと幼女・ななみを投入。なんというロリコンホイホイ(違)
オリキャラのようですがまぁ普通にこの異世界のヌシでしょうねぇ。
謙吾を探すために再び迷路に挑戦しようとするも、前と同じ組み合わせではダメということで鈴&葉留佳コンビで挑戦するものの
全然別の所から謙吾(なぜかボロボロ)が出てきた上に葉留佳爆死…?
この漫画どこに行きたいんだホントにw

『生徒会の一存 ぷち』
前半:おやつが食べたくなる話(笑)
後半;杉崎(脈絡無く)死亡も中目黒とのキスを避けるべく復活…普通に死んでなかったんじゃね?w

『MELTY-BLOOD』
よーやく完結…あんだけひっぱってビンタ(手抜き)一発で解決って今までの殺し合いなんだったのさw
原作がどうだったか忘れましたが最初からタタリは都古にくっついてて
彼女が『琥珀がすごい力を持ってる』と思い込んだのが全ての原因だった、と。
まぁそんな理屈はさておき最後を強引に海水浴イベントで〆たのはグッジョブでしたw

『ひぐらしデイブレイク』
同人の同人をさらに企業がパクった作品のコミカライズ(もう訳分からん)
なんでも叶えてくれる『魔法の鏡』をめぐるバトル開始…なのですが
パロディであることを明記した上でのアクションゲームだからいいのであってコミック化して面白くなるとはとても…
とりあえず富竹フラッシュと富竹パンチ描きたかったんですかねーw

『えびてん』
『野矢くん、野矢くん』→『野矢くん(大)×野矢くん(小)』てことで
どう見ても惚れたハレタではなくただの腐女子思考なんでそこまで焦んなくていいですよ泉子さんw

『乙女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー』
祝発売。薫子かわいいよ薫子。
積みゲーが溜まっていることと「しょーじき男の娘には飽きた」という理由で購入はしなかったんですが
コミック読んでると買いたくなってきますわーw
まぁ処女→乙女に変えていることでハイハイ移植前提って感じもしないではないのですが(^^;

『ドリームクラブ だって猫なんだもん!』
亜麻音トラックにひかれる!…と衝撃の展開を予感させるヒキだった前回ですが猫を助けて転んだだけでしたヨカッタヨカッタw
ということで今回は猫をめぐってのドタバタでしたが魅杏がダメな子に描かれ過ぎてて不憫。

『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』
前半:眼帯つけると厨ニレベルが上がるのか…すげぇ分かる(笑)
後半:これは貝水着フラグってことで期待していいの?w

『プリズム・ま~じかる』
祝発売!になるはずだったのですが延期…公表されている理由を見るとまぁーしょうがないかなーと。
さてコミックですが今月の新連載の中では一番違和感が無くベストに近いチョイスの漫画家だったと思いますね。
女の子(とライカ)は可愛く、魔法オヤジはしっかりキモく(笑)。サービスカットも多目でこれは今後に期待できそうです。
でもライカ(男です!)の魔女っ娘変身は力入れすぎだと思うの!

『真剣で私に恋しなさい!!』
ファイトウィズミー寝技DEふいたww
クリス登場。前回ラストでの誤解はあっさり解けたようで早速大和と仲良く…
と思ったら勝負に対する考え方の違いから犬猿の仲に。
どっちかと言えば大和のやり方に賛成なんですがあそこでキレちゃったのは駄目ポイントですね。
個人的ならともかく『ファミリー』の中で意識しているなら
クリスのようなタイプに卑怯とののしられる場合もあることも受け入れないと…
ラストは原作でもあったクリスと浴場でばったり。まさかの(こんなに早い)乳首券発行にゆーいち超歓喜(笑)

『ヨスガノソラ』
アニメ化決定…らしいですが、この作品をアニメにして映える所なんてないだろ(汗)
とりあえず、これ以上コンプエースに女装増やさないでくださいw

『ヴァイスサヴァイヴW』
咲雪がしずるを拉致する衝撃の展開。次号百合か、ガチ百合か?(*´д`*)ハァハァ
それにしても咲雪も詰めが甘い。敗者が勝者の言うことを聞くという言質を盾に拉致までするなら
素直に結ばれてくださいと言えば良いものをw
なお今回は漫画内でヴァイスシュヴァルツがしずると咲雪のプレイ形式で解説されており
非常に分かりやすかったのがありがたかったですね。

『CANAAN』
アルファルドさん、エラそーに語ってますけど
マリアと自分の戦いって言うなら彼女を撃った時点でアンタ負けてますからね?w
カナン対アルファルド次号クライマックス。
数年前まで石田あきらがこんなガチバトル漫画描けるなんて予想もつかなかったなぁ…

『東方三月精』
西○絵ですら妥協できるゆーいちですが、この漫画だけは同じ顔すぎて何回読んでもキャラの区別がつかんっ…!(汗)

『ミルキィホームズ』
うむ人のお菓子を勝手に食べるヤツは許せませんな。
とゆーことでコーデリアかわいいよコーデリア←とりあえず(*´д`*)ハァハァする対象として目をつけてみた

『初恋予報。』
キャラ紹介回の名目の元に、ヒロインズとフラグを建てまくる主人公補正が憎いぜコンチキチョウ。
親友が惚れたヒロイン・小梅が初対面で主人公に一目惚れ(?)しててドロドロ展開になりそうなフラグが(TT)
ゲームの公式サイトで『甘く切ない初恋』と書かれているように重い展開も多そうですね。
龍牙翔先生の作画レベルは今回も高いですが、こんなに漫画をキッチリ描いてて原画作業は大丈夫なんだろうか(^^;
とりあえずゆーいちは孤高タイプヒロイン・雪がお気に入り。

『サマーウォーズ キング・カズマVSクイーン・オズ』
チートいくない。
まぁチートにしては堂々と戦闘を公開しすぎている感もありクイーンの目的がさっぱりですな…

『ダンタリアンの書架 ダリアンDays』
ほのぼの学園生活。話の流れでなぜかダリアンとヒューイの禁断の関係が提唱されキャッキャウフフな女子高生たち。
今月は少年エースの方も読んでみたのですがダーク要素も作品の魅力と考えるとダリアンDaysは幻書分が少ないだけ物足りない…
で、ダリアンのミニスカ制服はまだですか?w

『真・恋姫†無双 コミックアラカルト』
同名のコミックから宣伝も兼ねた特別掲載漫画2本。
曹操さま巨乳を目指すの巻と、星が愛紗にオ○ニーグッズをすすめる話。
…興味が沸いたらぜひコミックス買ってね!←ムリにまとめた

『Cross Days』
ぎゃあぁぁぁぁ誠出たぁぁぁぁぁ(逃)

『スズノネセブン!』
あっさり最終回。まぁ宣伝漫画にしては連載開始時期が遅かった気もしますが…
魔法の表現がちょっと残念でしたので精進してほしいところですね。

『ましろ色シンフォニー』
混浴きたあぁぁぁぁぁ!(*´д`*)ハァハァ
ド真面目な故に暴走する愛理と、気を使いすぎる故に意思を伝えられない誠悟。
そんな二人を桜乃がキッチリ纏めてくれましたよグッジョブ。
多少アレンジしてありますが概ね原作準拠で原作FANとしては嬉しい限りですね。

『11eyes』
仕方が無いとはいえ美鈴さんヘタレる回(TT)
先生死亡、賢久は(ある意味で)自殺、ゆか&雪子はリーゼロッテに吸収(?)
BADENDに向けて着実に進んでいってますが、ついに参戦した栞が逆転の鍵になるのか…
ところでいまさらですけどこの漫画、美鈴さんルートと思ってていいんですよね?

『ほしうた』
打ち切りではなく(と思う)きれいにまとまった最終回。
主人公と付き合うためにます為すべきことを済ませようと動いているくららがいい女すぎて萌え。
とりあえずFDの仕事と兼任でがんばったフミオ先生に賞賛を。出来れば今度はオリジナル漫画でも描いて下さい(笑)

『宮川家の空腹』
とりあえずそのエル○ス売れば良かったんじゃゲフンゴフン。

こんなところで。
次号からあらきかなお先生と日下皓先生のオリジナル漫画開始。
日下先生また中身は男ネタですか…普通に萌えエロ漫画でいいのに…(TT)
なお今回はアライブ同様全漫画の感想を書いてみましたがアホのよーに時間かかったんで二度とやりませんデスはい(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

絢辻さんはカワイイデスヨ

>『アマガミ』
ヤングアニマル連載中の俺的最強キミキス漫画「マオ姉ちゃん」編を描き切った、僕らの東雲太郎先生による『アマガミ』のっ、
単行本広告ページの絢辻さんの変な顔が可愛くて可愛くてっ!! 俺的アマガミ漫画No.1!
といいつつも、キミキス漫画「マオ姉ちゃん」編後の「主人公」の変態っぷりが、付いていけなくて付いていけなくて、
アマガミでも付いていけないかなと思いつつも、けど絢辻さんはカワイイっ! ……はぁはぁ。満足した!

『MELTY-BLOOD』を読んだら、今月号は力尽きましたw


『東京皇帝☆北条恋歌』
>上記の設定に加え何の脈絡も無くモテまくる主人公とあまり好きでない要素がメインの作品なのでスルーかな…
原作作家は竹井10日という、阿智太郎さん系統(似ている訳ではない。)な方なんで。原作ライトノベルは「あまり好きではない要素」が気にならないかと思いますが。
……わしゃあ、竹井10日にはギャルゲ製作に戻って欲しいので、『東京皇帝☆北条恋歌』は読まないことに耐えておるんじゃああ! うおおおおお。


『乙女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー』
薫子シナリオがひどいんじゃあっ! コンチキショー!
あんなに薫子が可愛いのにうおおおおおおおおおおおおお。モッタイナイ。
あ、『処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー』、攻略終わりました!!!


>日下先生また中身は男ネタですか
男ネタの方が売れるのかなあw

激しく同意!<絢辻さんはカワイイデスヨ

> >『アマガミ』
>東雲太郎先生
この人の描く主人公って結構(恋人限定で)変態ですよな(笑)
コミックス『アマガミ』買うかどうかすっごい迷う…

> 『東京皇帝☆北条恋歌』
ザ・スニーカーの短編だけ読んだことはあるのですが正直よく分からんかった、という印象。
それより竹井10日がギャルゲ脚本やってたという情報を知らなくてびっくりです(^^;


> 薫子シナリオがひどいんじゃあっ!
…………OTL

> 男ネタの方が売れるのかなあw
まぁ少なくとも本人は好きみたいですね。
次回作は性転換ということで紙面に(ぱお~ん)が描かれることはなさそうなのですが…
この人の漫画、なまじ男の娘の方がかわいいからフクザツなんです…(^^;

竹井10日について語る。

竹井10日が、俺的ギャルゲ感想の中で、ユニークな物をあげるなら、
「ついつい全ての選択肢を選んでしまうゲーム。日常会話が楽しい」(byエロゲー批評空間)
批評空間点数的には2001年物でベスト十位以内ぐらいだと思う、「秋桜の空に」が、始まり始まり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E6%A1%9C%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%81%AB
シナリオ終盤が非常によろしくありませんが、終盤までが非常に笑って笑った、俺的ツボ過ぎるゲームです。

・「依澄れい」がノベライズ版の挿絵で「Hシーン」を描いたというのが、とても思い出深い。(最悪だ)
・「カナカナ」は「ひぐらし」のレナの称号じゃない! ドラマCDで田村ゆかり声だったヒロインの称号だっ!
・ドラマCDで、緑川光ボイス主人公が、小学生(釘宮理恵ボイス)ヒロインとくっついちゃったよ!
・桑島法子ボイスが……お姉ちゃんなんだあああああああああああああああああああああああああああ


・続いてのゲーム「お姉ちゃんの3乗」は置いといて「ひまわりのチャペルできみと」がすごかった。
・竹井10日のゲームなのに、シナリオ終盤がそんなにひどくないっ!w
※つまり、安心して「秋桜の空に」みたいに楽しめるじゃないかああああああああああ
……「秋桜の空に」みたく、豪華声優陣ドラマCDが7弾まで出るほど(っていうか出なかった)、
2007年エロゲー市場には持て囃されなかったけどね。俺は好きだ!

竹井10日

実は昨日のレスの後にググってみていたのですが「秋桜の空に」は有名な作品ですね。
挙げられた作品をざっと見てみると(プレイしたことはありませんが)
確かに北条恋歌に通ずるものがある…気が。

ひまチャキもシナリオはそこそこ評価されていた気がするのですが
個人的に絵に惹かれなかった記憶があります。←わりと絵買いする方

確かに、絵に惹かれなかった!

だからこそ、竹井10日買いですよ!
シナリオライター買いをする方w

基本は絵と設定

ゆえに特典商法に釣られるわけですが(笑)

以前話した気もしますがゆーいち、
ライター『買い』はないですが『回避』な人は何人かいます。
シナリオが面白い、面白くない以前にとにかく読みにくい人が…
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
応援中!
『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD その3 終止線(カデンツァ)の向こう側』 応援バナーキャンペーン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りメーカーリンク
でぼの巣製作所オフィシャルサイト オーガスト ういんどみる AXL 戯画 コットンソフト Lump of Sugar whirlpool
最新トラックバック
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
所在地:大阪府
連絡:yuuiti◎aqua.zaq.jp
(◎→@に変えて入力してください)

検索フォーム
応援中!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
好評発売中!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。